パソ移動

99年くらいからずっとWindows+Logicでの音楽制作が続いていたのだが、
昨年秋にLogic7が出てから、音楽制作はMacでやるようになってしまった。
Macのスペック的には若干の不満もあるものの、Logic使い続けたいし。

で、うちには音楽制作用のWindowsマシンというのも用意してあるのだが、
もういい加減3分通信の編集ぐらいにしか使っておらず、
しかもこれはどのマシンでもできるような軽い作業だ。

一方、日常用に使っているもう一台のWindowsマシンも、スペック的には
若干古いものになってきている。(Athlon1.1GHz、メモリ512MB)
作業が全部スタジオに移行し、家にいる時間はややヒマ…ということで、
いい機会だし、2台ある自宅パソを一台にマージする作業をスタート。


しかしそのためには、まず今あるHDDに
空き容量を確保するところから始めなければならない。
作業用マシンには都合300GB分のディスクスペースがあるのだが、
これの空き容量がたったの5?6GBしかないのだ。
しかもドライブによってはパンパンに埋まっており、
ちょっと前、容量不足に気づかず3分通信を収録しようとして、
エラーが出て録音できないことすらあったほどだ。
そこで、これまで作った曲データを詳細に調べてみたところ、
今後アクセスしないような過去曲のオーディオファイルだけでも
全部で軽く50GB以上ある(!)ということが分かり、
とりあえずこのあたりからバックアップしていくということで決定。
あまりに量が多いし、どのみち最終的には付け替えるからと
日常用マシンについていたDVD-Rを、作業用マシンに付け替え。
しばらくは焼き焼きの日々が続きそうな予感。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です