天体観測

先週は車に乗って長距離移動をする機会が多く、
いろんな人といろんな話をしたのだが、その中で分かったことは、
どうも自分は天体観測をやりたいっぽい。

実は芦別からの帰り、みんなで車を止めて星空を見てみたりしたのだが、
(芦別は星のキレイに見える町として有名らしい)
自分の中で眠っていた感覚がムクムクと起き上がってきたりして。
こう見えても高校の頃は理系の部活で天体観測や流星観測、
果ては毎年文化祭になるとプラネタリウムの解説員までしていたのだ。
(ただし、星座の配置はもうかなり忘れていた。)

…なんてな話を芦別から帰る車中でしていたところ、同乗者から
「芦別に住んで、カーリートレインを買い取って仕事しながら
 観測したらいいじゃん」とかいう結論が。うわーん。むりぽ。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「天体観測」への1件のフィードバック

  1. 天体観測って、アカデミックというより、ロマンテイックに響きますね。
    野辺の花々や、小鳥達、そして星座や星々の名前に詳しいって憧れるなぁ?。イチモク置かれる感じがする。
    ムシや、キノコ、珍獣に詳しくても「おしゃれ側」の彼岸には渡れないな。う?む。
    自宅のある南区も市内ではかなりはずれなので、夜勤帰りの深夜、わりとキレイに星空が見えます。見上げながらふと、「宇宙に生きている自分」を意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です