読み書き

本日もセットアップとかいろいろ。

Battery2のレジストレーションで軽くトラブり、
Native Instrumentsのサポセンに質問メールを出す。
…本家のドイツにもちろん英語で。
海外から安くソフト仕入れようとするならこのぐらいは覚悟。
昔、Wizoo(やっぱりドイツのメーカー)に通販頼んだら品物来なくて
クレームつけたこともあったなあ。英語ちゃんとやっといてよかった。
ヒアリングやスピーキングはアレだけど読み書きならなんとか。
ま、最近は円安傾向であんまり海外直輸入のメリットもないんですが。

で、一日ぐらいでちゃんと丁寧に対応してくれました。
ありがとうNIの中の人。

そういえばお取り寄せのPCケースが来たので昨日受け取ってきた。
これで必要なパーツは全て揃った。あとは組むだけだ。
でも今は一時的に忙しい。むむーん。もうちょっとガマン。
ってか、今だって使い慣れたLogicに未練タラタラなのだが、
AthlonX2でちゃんと組んだらReactorの重たいアンサンブルだって
男気一発で気の向くままにガシガシと差したり出来るんだ(たぶん)。
SXはMONOPOLEの「Wardenclyffe」作ってたとき以来だから
2002年の秋以来3年半ぶりだなー。

あ、そうそう。iMacG5(1.8GHz)にLogic仕込んだらけっこう快適でした。
少なくともPowerMacG4の1.25GHz Dualよりはなんぼか快適。悔しい。10万でこれか。
でもMacは、IntelベースのPowerMacが出るまで様子みようかなと思ってます。
やっぱどーせいれるならQuadぐらいのやつ入れたいし。新し物好きだし。
そして、それまでにSXに慣れまくってたらさらに考える。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「読み書き」への4件のフィードバック

  1. ごぶさたです?。
    そっか。iMacのLogic、G4 1.2Gx2より早いかぁ。
    Intel PowerMacに移行したいけどよ?、プラグイン関係がネイティブにならないと行けないものなぁ。なんとも中途半端なことだよね。
    (G4 1.25Gx2を制作用、iMacG5 2Gをデスクトップ用に使ってるピアニストより。)

  2. もしかしたら挿せるプラグインの総量は
    PowerMacG4の方が多いかもしれないのですが
    iMacG5だと全体的な動作がサクサクと機敏に動くので、
    Logic7+G4のモッサリ感に慣らされた人間にはかなり好印象です(笑)。

    Appleは何年かに一度こういう移行騒ぎが起きるので
    ほんとにもどかしいですね…。

  3. G4 DualはCPUメーターみてると、両方バランスよく振れてるとは思えないこともあるからね。G5シングルのほうがいい結果になることもあるかも。プラグインにもよるのだろうけれど…。

    それにしてもATMOSPHERE,STYLUS方面のネイティブ化が告知されないと、安心できないねぇ。当座のためにG5 Quadなんて行きたくないし。暦、早回ししたくなるね。

  4. ぼくの方はもう待てないし金もないしでWindowsに走ってしまったわけです(汗)
    Cubase SXも一時期使ってたので特にこだわりはないんですけどね。
    サンプルネタ変換しなおしがちょっとめんどくさいぐらいで…。

    あとはじっくり各社の対応待ちですね?
    SpectrasonicsとWavesとNIとTCがネイティブ対応したら考えます(多っ!)

    そういえばちょっと面白い検証を見つけました。Intel Macのパフォーマンステスト。
    これ見てちょっとグラッと来ました。
    http://www.d-rec.net/mac_os/logic72_performance.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です