損して得取れ

パソのセットアップ、続き。

今さらFDDを使うのがちょっとめんどくさいので、ちょっと策を講じる。

『古いIDEのドライブが一台余っていたので、まずはそこにOSインストール』
 ↓
『OSが入った時点でドライバを入れ、SerialATAを認識したところで
そのドライブに新たにOSインストール』

…いい手だと思ってやってみたわけですよ。
もちろんIDEの方には、難なくサクッとOSをインストールできた。
だがやっぱりSerialATAドライブへのインストール時にドライバがないと
認識自体がムリっぽい。むーん、意味なかった。

そこで一瞬、どのみち250GBじゃ足んないわけだし
IDEのHDDをもう一台買ってくるかー、などとも思っていたのだが
(今のWindows機だって、160GBのHDDには
割と満タンにオーディオファイルとサンプリングネタが入っている)
やはりSerialATAのスピードは捨てがたい。
ってか、ヘンなとこで妥協して速度落とすのもなんかシャクだ。

まー結局急がば回れ、損して得取れってことですか。
FDDドライブつけりゃいいんでしょ、つければ。
古いマシンの方を若干バラすことになるがまー仕方ない。
今週中には稼動させてぇ?。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です