帰省ミッション その2

 帰省ミッション後半は地味に観光モードと化しております。
 山形から高速で酒田を経由し、最上の方へ移動して戻ってきた感じで。
 全部書くのも大変なので、気になったところだけ。




・酒田では有名な観光スポット、山居倉庫へ。

 えっと、正直こんなもんかという感じでした。
 子供のころに一度来た時はもっと面白かったイメージがあったのだが。



・酒田での昼飯時。海鮮市場2階の「海鮮どんや とびしま」。
 前情報なしの飛び込みで行ったらかなり並んでる。

 「カニ・イクラ丼」¥1,200。
 まずカニが尋常じゃない量。軽く1パイ分はある。イクラもいっぱいかかってる。
 そして、おまけに付いて来た鱈の粗汁までもが強力な量。
 こんなに盛りやがって、この店はバカじゃないのか(最大級のホメ言葉)。
 しかもどれもがマジウマ。そりゃ行列できるわ。
 軽く攻めるつもりが、すっごいガッツリした食事に。満足度高し。



・戸沢村、「モモカミの里 高麗館」。

 軽くパラダイス感満載の濃ゆい建物だが、実はただの道の駅。
 農家が多いこのあたりの地域には韓国から嫁いできた女性が多く、
 村おこしを兼ねて韓国をテーマにした道の駅を始めることになったらしい。
 入ってみたら韓流スターグッズ売ってた。さすが。

 ちなみに自家製キムチやレストランの韓国料理がおいしいらしく、
 オンシーズンはけっこう流行ってるらしいです。



・肘折温泉「湯宿 元河原湯」にて一泊。

 ひなびた温泉宿ですが風情ありました。部屋数13室の小さいとこ。
 他にも客はいたが、時間がかぶらず風呂は常に貸切状態。
 飯はどれもうまかったが、個人的には漬け物がいっぱい出てきたのが
 元山形県民的になんか懐かしかった。漬け物でご飯ガシガシ食いたくなる。



・山形にしかないお好み焼き風ジャンクフード「どんどん焼き」をゲット。

 割り箸に巻かれた状態で出てきます。一串¥200。
 上に載っているのは、ノリと魚肉ソーセージ。
 味は、たこ焼きの生地だけ食べてるような感じ。
 山形では、お祭りの屋台などでよく見かける。
 久々に食べたら思ったよりモチモチしてました。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です