マシンパワー成金

制作用マシンがだいたい仕込み完了。
マシンパワーをチェックするため、試しに色々遊んでみる。

…Reactor5のアンサンブル4発に、StylusRMXにAbsynth3、
ついでにエフェクトかけまくってもCPUロードが半分以下だぜー。
あーっはっはっは。ちょっとしたマシンパワー成金。

ま、Pen4 1.8GHzとかPowerbookG4からの移行じゃあ、
そりゃ笑いが止まらんってもんですよ。

↓証拠画像はクリックで拡大
 ちなみにイタズラ心でスキンはPanther風です。

正直、心おきなくReactorを差しまくれるのはかな?り心強い。
これでシンセ系だったらなんでもアリアリじゃん。
ちょっと前にこのブログで半ばネタ気味に…

> AthlonX2でちゃんと組んだらReactorの重たいアンサンブルだって
> 男気一発で気の向くままにガシガシと差したり出来るんだ(たぶん)。

とか書いたけど、ホントにそうだった。怖え?。

ちなみに某VSTi確認君で計測してみたところ、
おおよそOpteron244×2相当のマシンパワーっぽいです。素晴らしい。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「マシンパワー成金」への6件のフィードバック

  1. とうとうAMDに魂を売ったわけですな。
    ふぉっふぉっふぉ。
    僕も昔からAMDが好きで今も使っているのはアスロン1200。はっきり言って骨董品です。でも、先週DVDのドライブを増設してしまいました。5年におよぶマイナーチェンジもそろそろ終わりにして、そろそろフルモデルチェンジしたいところです。
    その昔、本体にアイスノンを入れたり、色々むちゃしていたわけですが、「k-6」なんていう代物をとても好んで愛用していた記憶が急によみがえりました。8倍速のCD-ROMと336のモデムが自慢でした。そう何を隠そう、紛れもないテレホ廃人でした。笑

  2.  パソネタはなんだか食いつきいいなあ(笑)

    けいいちろうさん>

     うちも2世代前のPCはAthlonの1100使ってました。
     去年の夏まで使ってたからけっこう現役長かったなー。
     そしてK6! ぼくもK6-2とか使ってました。
     若気の至りでOCしようとして爆熱でヤケドしましたよ。
     あー懐かしいなSocket7。

    sasaさん>

     KONTAKT2、この機会に入れました。
     (去年NI KOMPLETE2買って、無償UGが届いてたのだがずっと放置してた)

     利便性やお手軽さっていう点ではEXS24が上だと思うんですが、
     オーディオサンプルをもっと積極的にいじりたいって思うんだったらKONTAKTが上です。
     (この辺はよく言われる話ですが)
     面白いことしようとするとそれなりにマシンパワー要りますが、
     パワーなきゃないなりに遊べるのもいいところです。

     あ、KONTAKT2、サンプルのザッピングが楽になってました。これはポイント高い。

    トールさん>

     せめてもの報いとしてのPantherスキン。

  3. KOMPLETE2ユーザーなのか?。いい音つくるにはまず投資は必要だよね。でも、DVDが何枚入ってようともこの手の買い物って、物欲が満たされないのがねぇ・・・。パネルにつまみがいっぱいついてて欲しいと思うのはやっぱり古い人なのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です