原始的

午後よりレコーディングのためスタジオへ。

実は真空管マイクのSolidTubeがノイズを吐きまくるので
ここ数日こっそり対応策に追われていたのだ。
どうやらマイク本体のアースがちゃんとなされないような感じだったのだが
100円ショップの電源コードを利用した簡易アースに始まり、
マイクケーブルの端を手で押さえる人間アース、
本体に触れずに手を近づけるだけのハンドパワーめいた手法と
どんどん原始的な手段になっていったのだが、
最終的には「専用電源ケーブルをマイクの周りでぐるぐる巻きにする」で
ノイズはピタっとストップ。しかもちゃんと再現性がある。
見てくれは非常にキタナいのだが致し方ない。ってかなんでなんだろ。
なにか電気的な理由があるんだろうけど、解決したのでもういいです。

で、レコーディング。

今回は諸事情でスタジオのPowerMacではなく、
まつくら嬢が制作に使用しているiMacで直接レコーディング。
いちいちデータとか移したりするのめんどくさいし。
どうせA/DはマイクプリでやってるからオーディオI/F関係ないし。
ちなみにiMacにはM-AUDIOのFireWire Soloを使用しています。

ってか、ほんとにiMacでも作業にまったく支障ない。なんかすごいな。
午前1時ぐらいまでかかって一曲録り終わる。お疲れさまでした。
あと3曲分ぐらいお手伝いの予定みたいです。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です