専門医

えー、ご心配をおかけしております。

月曜日は以下のような感じでした。

・とりあえず出勤
・昼までは何ともなく仕事
・午後、咳が再びひどくなる
・3時頃泣く泣く早退
・自宅で安静にするけど治らない
・咳し過ぎでコメカミと背中がイタイタ
・処方が違うんじゃないのか、もしかして
・っていうか、この薬処方してんのただの内科医じゃん、ゲホゲホ
・そうだ、専門医に診てもらおう、ゴホゴホ

ということで仕事先には遅刻宣言をし、朝から呼吸器科医へ。
まーいろいろありまして、ようやく適正な処方がなされた様子。
専門医だとやっぱり話が早い。いきなりレントゲンを撮られることもない。
その後仕事にも復帰し、今のところ発作もなく過ごしております。
ビバ健康。ちなみに吸入式の薬ってはじめて使いました。
あ、落ち着いただけでまだ治ったわけじゃないので、当分は用心して過ごしますよ。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「専門医」への1件のフィードバック

  1. こんなイベントを企画しとります

    地下鉄のギタリスト in 山形 2days
    土門秀明 トーク&ライブ?2006summer?

    山形大学小白川キャンバス正門前「STREER SHUFFLE」
    7月1日(土)&7月2日(日)開催
    18:00start 入場無料(別途ドリンク代500円)
    (30席程度の限定になります)

    スペシャルゲスト
    7月1日(土) 未定
    7月2日(日) 月詠

    土門秀明 ロンドン在住「地下鉄のギタリスト」

     山形県酒田市出身、高校卒業後上京しバブルガムブラザースを始め数多くのミュージシャンのバックバンドで活躍
    2000年 かねてからの夢であったイギリスへ渡り音楽活動を開始
    2003年 日本人初となる公認地下鉄演奏許可証を取得、同年のキングオブバスカー受賞
    2006年2月 ロンドン地下鉄構内を舞台とした音楽仲間との交流や様々な人達との一期一会などを綴った初の著書「地下鉄のギタリスト Busking In London」(水曜社 刊)が出版された。

    6/24(土)酒田 酒田市民会館「希望ホール」3F小ホール
    13:00 start  入場料1000円 別途ドリンク代500円
      酒田ハードロック組合主催「モンスターズオブロック春場所」スペシャルゲスト出演

    6/30(金)FM山形、VigoFM、生出演
          時間、番組等調整中

    NHK、日本テレビ両局の取材をうけ土門氏の半生を綴ったドキュメンタリー番組制作中、今夏放送予定!?

    ってここに書いてもあんまり意味ないよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です