【まとめ企画】2007年にやったゲーム

今年は一年間、縁あってゲーム業界にお世話になっていました。
おかげさまでいろいろと貴重な経験もさせてもらったのですが
せっかくなので…と、一年間せっせとゲームをプレイしていました。
一応プレイの記録を取っておいたので、ぜんぶ晒してみたいなと。


———————————————————————
【ルール】

・「ちょっと1?2時間触っただけ」ならこの倍ぐらい触っているので
 買ったか借りたかして、ある程度何日か以上プレイしたものだけを挙げた。

・時々古いソフトも入っているが(といっても2?3年前程度)、
 基本的に2007年に発売されたものが中心。

・特に意味はないがプラットフォームごとに分類してみた。

———————————————————————

以下本編。

—— PSP ——

●モンスターハンターポータブル

【手にした理由】
企画作成の資料用として購入。

【結果・感想】
最初は面白かったのだが、自分的には難易度が高いのと、
周りに一緒に遊んでくれる人がいなかったため★3ぐらいで挫折。
中高生にいちばん流行る理由がよく分かる。
一人だとモチベーションがもたない。

●LocoRoco

【手にした理由】
斬新なゲーム性。そしてデザインが好み。

【結果・感想】
音楽がとても良い。デザインもすごく良い。洗練されたゲームだ。
人に強く薦めたいのに、自分では結局そんなにやらないという稀有なゲーム。
食べ物に例えて言うなら「ヘルシーで体には絶対いいと思うけど、
個人的にはもうちょっと油っこいほうが好みかな?」といったところ。
ちなみに自分より、ヨメの人がはまっていた。

●どこでもいっしょ

【手にした理由】
同僚が貸してくれたから。

【結果・感想】
今さらだけど、普通に面白かった。
ヨメの人と2人で言葉を仕込むと、時々予想外の言葉が出てきて面白い。

●テイルズオブエターニア

【手にした理由】
同僚が貸してくれたから。

【結果・感想】
実はテイルズ初体験なのです。
フルボイスはうっとうしいと感じるほうなのでスキップしていたけど、
ゲームとしては普通に骨の太さを感じた。RPGとして良作。

●ルミネスII

【手にした理由】
ソムリエ的同僚が貸してくれたから。
「音楽とゲームの融合」みたいな話を聞いて。

【結果・感想】
軽い時間つぶしにはちょうどいい感じ。
こういうクレバーなタッチは好きです。SCEらしい。
ただ、音楽とゲームが融合してるかといわれるとよく分からない。

●ワイルドアームズ クロスファイア

【手にした理由】
夏休みに、ガチでSRPGがやりたくなって。

【結果・感想】
HEXタイプのシミュレーションは苦手じゃなかったはずなのだが、
自分には難易度が高すぎて挫折。
もしかしたら自分に忍耐力がなくなっただけかもしれない。

●勇者のくせになまいきだ。

【手にした理由】
ソムリエ的同僚の「吉田なら確実にはまる」という強いオシで。

【結果・感想】
タイトルがRPGっぽいが、中身は生態系構築ゲーム。
すごく戦略性とかを要求される。まさに「攻略」が必要。熱い。
こういうアイディアフルなゲーム、どんどん増えて欲しいと思う。

—— Nintendo DS ——

●レイトン教授と不思議な町

【手にした理由】
今までになさそうなゲーム性。謎解きには自信がある。

【結果・感想】
謎解きソフトとして普通に面白いが、それよりストーリーがよかった。
が、ストーリーを楽しもうとすると謎解きにジャマされる感じ。
ちなみに先日出た続編の「悪魔の箱」には手が出なかった。

●世界樹の迷宮

【手にした理由】
十数年前にウィザードリィにはまっていた経験があり、
これは感覚的に近いだろうと思って。
また、「ヨシダならはまるであろう」というソムリエ的同僚の強い勧めで。

【結果・感想】
大ビンゴ。インフルエンザで熱を8度9分出してもなおプレイしていたほど。
幼い頃に刷り込まれた楽しさは歳を食っても消えないということなのか。
人生のトップ5ぐらいに入れてもいい。IIも絶対やる。

●逆転裁判 蘇る逆転

【手にした理由】
逆転裁判好きの同僚が貸してくれた。

【結果・感想】
面白いとは思ったが、個人的にアドベンチャー的なものにピンとこない。
オリジナルの4話はクリアしたものの、DSで追加された「蘇る逆転」は
手を付けないまま返却してしまった。
余談だが、先日別な逆裁好きの方より4が手元に。手を付けるのはいつか。

●英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

【手にした理由】
企画資料として。

【結果・感想】
ゲームではないが、アプリケーションとしてとても面白い。
これなら本気で英語が覚えられる。
英語に興味があるならやったほうがいい。

●いまさら人には聞けない大人の常識力トレーニングDS

【手にした理由】
企画資料として。

【結果・感想】
面白いが、基本的にはただのクイズコンテンツ。
そういうのが好きならいいんじゃないのか。

●いただきストリートDS

【手にした理由】
友人の強い勧めで。Wi-Fiで対戦できると聞いて。

【結果・感想】
確かに面白かった。キャンペーンモードはいっきにクリア。
しかし、一人だとキャンペーンモードクリア以降のモチベーションが続かん。
そして結局友人とのWi-Fi対戦はまだ実現していない。

●絶対音感オトダマスター

【手にした理由】
スタッフだったので記念買い。
内部のとあるシステムのチューニングとか、OP曲少し作ったりとかしてます。

【結果・感想】
実はゲーム自体は未プレイ。
後輩がクリアしてエンディングの名前が載ってるところだけ見せてくれた。
もうそれで満足。

●シータ

【手にした理由】
斬新そうなゲーム性。しかもBGMがかっこよかったから。

【結果・感想】
システムは斬新だったのだが、残念ながらすぐに飽きる。
しかしBGMはかっこよかった。

●ピクロスDS

【手にした理由】
後輩に「なんか面白いソフトない?」と聞いたら貸してくれた。

【結果・感想】
あまり期待していなかったが、フタを開けてみれば大穴。
実は今年いちばん長時間やっていたゲームかもしれない。
職場の昼休みとか、仕事帰りの地下鉄とかでモクモクとやってました。
この手の単純なパズルは中毒性あるよね。

●タシテン

【手にした理由】
斬新なゲーム性。手軽そう。

【結果・感想】
買ったばかりでほとんどプレイしていないが、
先行してプレイ中のヨメの人によれば「たぶんやったらはまる」とのこと。

—— PS2 ——

●シャイニングフォースイクサ

【手にした理由】
いちど手放していたPS2を、春頃にあらためて入手したので。
最近のキャラゲーってどんな感じだろうと思って。

【結果・感想】
うーん、悪くないけど普通。ピンとこない。
プレイ中にPS2が壊れて入院してしまい、それでやらなくなってしまった。
そういえばシャイニングシリーズも初体験でした。

●ローグギャラクシー

【手にした理由】
同僚の「非常によく出来ているゲームだが、ダンジョンが長すぎる上に
ゲームバランスが悪い」との、矛盾した評価に興味を持って。

【結果・感想】

実はつい最近までやっていた。酷評を跳ね除けてきちんとクリア。
マップを見ると埋めずにはいられない性格の人ならけっこう楽しい。
けしてクソゲーではない。よくできてる。ただ、プレイする人を選ぶゲームだ。
あと、同じレベルファイブのレイトン教授でも思ったのだが
「ストーリーを語ること」と「ゲームとしてのプレイ部分」のバランスって
難しいなと思った。両方ともいい話なんだけど。

—— Wii ——

●コロリンパ

【手にした理由】
同僚が貸してくれたから。

【結果・感想】
Wiiリモコンのモーションセンサーを使ったちょいゲーとしては良作。
ただ、あまりやりこもうとは思わなかった。

●ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

【手にした理由】
Wii購入時、同行した同僚(マリオとゼルダはすべて発売日に
買うという猛者)に強く勧められて。

【結果・感想】
20時間ほどプレイしたが、途中で挫折。
話はキレイだし謎解きもとてもエレガントで、
恐ろしくよく出来たゲームだとは思うのだが
いかんせん自分的にはアクションが難しかった。
がんばってクリアしようと思っていただけにちょっと残念。

●Wii数独

【手にした理由】
スタッフとして参加したため記念買い。曲作りました。

【結果・感想】
仕事としては感慨深いが、ゲームとしては何時間かやっただけ。
この手のパズル系ソフトはDS向きですね。

●Wii Fit

【手にした理由】
斬新なインターフェース。家で運動したい。

【結果・感想】
運動させるためのインターフェースとして非常に秀逸。
ゲームだという感覚はないけど、ちゃんと毎日やってます。

●チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮

【手にした理由】
制作に友人が絡んでいる。
いわゆる「不思議のダンジョン」系はちゃんとやったことがないので。

【結果・感想】
最近買ってプレイし始めたばかり。
普通のRPGとちがって階層ごとに中断できるのでプレイがお手軽。
いい感じだ。

—— 結論 ——

◎今年はこういうものに惹かれたようです

・最近のRPG
・システムが何か斬新なもの

◎でも結局こういうのを楽しんだようです

・正統派の、オールドタイプなRPG
・お手軽なパズル系

 歳とったってことかな。まずいな。

◎そのほか、今年のゲーム業界に思ったこと

・実はXbox360かPS3を買おうと思っていたが、結局買わなかった。
 (ちなみにXbox360の方が気持ち的には優勢)
 確かに食指をそそるものは出てきているのだが、
 何か決定的に「次世代機じゃなきゃだめだ!」と思わせるものがなく、
 別にPS2でいいやとなってしまったため。
 自分的には、ネットワーク対戦に興味が出ないと移行できないかも。

・というかそもそも、DSとPSPに良作があるので、それでいいやって感じ。
 家族がいて自分用のテレビがなければなおさら据置機との距離は遠くなる。

・特にPSPは本当にいいハードだと思うのでがんばって欲しい。

・というか、こんなまとめ誰が読むんだ。

 以上、お付き合いありがとうございました。
 


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です