ニッカ 原酒10年

先日余市のニッカウィスキー蒸留所から買ってきた
シングルカスク原酒10年を飲んでみた。

アルコール度数が60度と、かなりきつい酒なのだが
ストレートで飲むのが良いようなのでそうする。

口に入れてみるとアルコールで舌がビリビリと来るけど
それと一緒にすごく爽やかな風味が広がり、すっきりした甘みも感じる。
飲み込んだ後も口の中はアルコール臭さがなく、さっぱりしている。
普通のウィスキーだとアルコール臭さが先に立ってしまうものも多いが
これはそういうことは全然ない。濃いけどおいしい。
うーん、大人の酒だ。高いだけのことはあるぞ。

ツマミに、南保留太郎商店で買ってきた甘エビ燻製を出してみた。
こちらも濃厚な味でとてもおいしいのだが、
それぞれの良さを打ち消しあってしまい、とてももったいない。
(燻製にはビールか日本酒あたりが合いそうな感じだ)
先日ban氏が「ウィスキーのつまみはナッツに限る」と語っていたが
その理由がなんとなく分かった気が。
機会を見てまた買いに行こうっと。今度は大きいビンで。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「ニッカ 原酒10年」への2件のフィードバック

  1. わあ、飲みてええ。
    っていうか、たまには一緒に一杯やりたいね。
    (僕は、日本酒でもナッツが好き!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です