ファーム書き換え

なんか調子が悪いので、うちのオーディオインターフェースである
828Mk3のファームウェアを最新のものに書き換えてみた。
 
以下、分かる人にだけ分かってくれればいい話。
ファームの書き換えにはいつも重たいリスクがついて回る。
書き換え失敗、それはハードウェアがただの箱になることを意味するのだ。

しかもこの828MK3は個人輸入品だから、万が一ファームの書き換えに失敗したら
アメリカのMOTU本社に送って修理をお願いしなきゃいけないのだ。
個人的には、過去にPODxtのファーム書き換えに失敗したこともあり
(これはたまたま国内で買った正規流通品だったのでコルグに送ってなんとかなった)
ファーム書き換え失敗はあまり他人事ではない。

そんな感じで、ビクビクしながら度胸一発ファームアップを敢行。

見づらいけどちゃんと進捗してます。
「Updating… 68%なんとか」って書いてある。
 
おかげさまで今回は無事成功。もちろん成功してくれなくては困るのだが。
気になっていた部分もとりあえず収まった感じ。よかった。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「ファーム書き換え」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です