不調ってほどでもなかった

昨日の話の続き。

昨日の推理が正しければ、828Mk3以外の機材から音を出せば
PowerCoreは同居が解消されて正常に動作するはず。
そういえば、うちには他にもオーディオI/Oがあったから
この推理が正しいかどうか検証することが出来るではないか。
ということでそのもう一台、初代KORE(USB接続)から音を出してみる。
(余談だが最近KOREも使い始めた。思ったより便利)

昨日トラブルが起きたのと同じファイルを使って
試しに4CPUが埋まるまでガンガン挿してみたが、特に問題なし。
やはり原因は昨日の推理どおり、828Mk3との同居だった様子。
これで安心してIEEE1394カードもう一枚買いに行けそう。

ところで久々にPowerCore使ったけど、やっぱいいな。
2005年、Silicaを作っている時はガシガシ使っていたのだが
その後は細かい仕事が多くなり、あまり使わなくなってしまったのだ。
(立ち上げたりとか若干めんどくさいし)
せっかくあるんだからガシガシ使っていきたい。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です