2年も経てば型落ちなのか

うちの制作用メインマシンは、2年半ほど前に自作した
Athlonx2の4200+(Socket939)、マザボはA8V-SE。
組んだばっかりの時は、これでプラグインいくらでも差し放題だぜーと思ってたし
実際手持ちのプラグインを差しても差してもCPUパワーが余りまくっていたのに。

さすがに最新のソフトシンセやサンプラーには太刀打ちできなくなってきた。
だからといって古いバージョンのものを使うのもシャクだし、新しい方が機能的に便利なので
このところインストゥルメントやプラグインをフリーズしまくりで作業している。
メモリも2GBしか積んでおらず、今となっては心許ない容量なのだが
初代DDRメモリだから、今更増やしても将来性ないしなー。
まーめちゃめちゃ困ってるわけでもないし買い替えるお金もないから
当分今のマシンで行くんだけどさ。っていうかギリギリまで使い込んでやる。
音楽制作をしていると何年かの周期でマシンパワーとの戦いになるよなー。もう宿命だ。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です