板そば

最近食べたものを2点ほど。

北区は24条通り沿いのそば屋「なみ喜」へ。
板そばが有名らしくて前々からずっと気になっていたけど、
駐車場がいつも混んでてなかなか入れなかったところなのだ。
ここの名物である「とり天板そば」をいただいてみる。

板そばと聞いただけで、山形県民的にはかなりグッと来るわけで。
ただ、ここの板はでっかいザルっぽい。本当の板そばは木枠つきの板だ。
まー、そんな事はそば本体には関係ない話なので正直どっちでもよいのだが。
そばは十割そばなんだそうで、そばの風味がしっかりしていてとても好み。
ちなみに、とり天、4枚も入っていた。かなりボリューミー。
 

ban氏から愛媛の銘菓「一六タルト」をいただいたので、おやつに食べてみる。
柚子風味でさっぱりしていておいしいです。また買ってきてー(さりげなく要求)。
あと、彼が夏になると着ているTシャツの意味が今頃分かった。断面図だったのか。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です