Live8が意外と重い

 先週いらないとか言っといてアレですが、Record先行予約しちゃいました。
 もちろんREASONのアップデートにつられて。

 ところで、この1年で自分の中ではぶっちぎりで使用頻度が高いDAWとなり、
 (その割には最大の売りであるセッションビュー等はほとんど使うことなく……)
 あまつさえアシスタントのタニグチにも半ば強制的にメインアプリとして
 使わせてしまっているという、Ableton Liveの話をちょこっと。

 Live4から一気に最新かつ上位バージョンのSuite8に乗り換えておよそ3ヶ月ほど経過。
 SE作成の仕事でさっそく使いはじめたものの、以前より動作が重たくなった。
 それでもLive8単体で作業する分には特に支障ないのだが、
 例えばアプリケーションを切り替える時などの画面再描画がえらい重たい。
 特に仕事の場合、Excelの表などを見ながら作業する必要があるため致命的だ。

 結局、仕事はいまだに全てVer.4でこなしている。
 ワーピングエンジンの音質とか、8の方が圧倒的にいいんだけどなー。
 2006年スペックの、決して早くはないマシンを使っているせいもあるのだが
 Liveって軽さも売りみたいなところがあった気がしたのだが…。

 ……なんていう話を友人にしたところ、Live8には何やらグラフィック描画上の問題があり
 これはWindows7にすることで劇的に改善する、との話。そうなのか。望みはありそうだ。
 ただ、過去資産の多いうちのPCでは、いつになったらWindows7にできるんだろう。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です