【楽曲紹介】個性が出すぎてボツってしまったポップ系ゲームのBGM

STUDIO RICEにて制作した音源を定期的に(しかもやや垂れ流し的に)ご紹介させていただいてます。とあるゲームの音楽を作っていて、ゲーム中のBGMとしては残念ながらボツってしまったけれど作った曲自体はけっこういいな、などと思うことがよくあります(あまりよくあると仕事としてはマズいのですが……)。

今回はそうしたアウトテイクをご紹介したいと思います。とあるパズルゲームのゲーム中BGMとして制作したけれど、本編中には使われなかったものです。今回はシンセシンセしています。シンセは好きです。

[audio:http://studio-rice.sakura.ne.jp/music/works/rice_music_100422.mp3]
(再生時間:3:46)

以下、楽曲の解説です。もしご興味あればご覧ください。

楽曲コメント

制作用途: ゲーム用BGM(ファンタジー・ポップ風) 
制作時期: 2008/07
曲調タグ: ファンタジック、シンセ、ポップ、かわいい、BGM 

ポップというか、ちょっとファンタジックなタッチのパズルゲーム用に書き下ろしていた曲で、元々ファンタジックな作風は好きなので、なるべくそんな雰囲気が出るように全体のイメージを作りました。これは6/8拍子ですが、こうした3拍子系の曲はよく作ります。

ただ、自分の好きなジャンルの楽曲を仕事でオーダーされたときというのは、実は仕事としては意外と難しくなってしまうことがあります。というのも、好きすぎてついついやりすぎてしまうことがあり、この曲も個性が出すぎてゲーム内のイメージと離れてしまったため、アウトとなってしまいました……(^_^;)。何事も一歩引いた目で見ることは肝心です。ただ、仕事としてはボツりましたが曲自体はけっこういい出来だと勝手に思っているので、そのうち自分のオリジナルとして形に出来たらなーと思っています。

音源は確かTRITONとREASON半々ぐらいで、後半のリードシンセはガッツリしたコシのあるものが欲しかったのでNIのMASSIVEを使っています。個人活動としてはアコースティックな楽器を持つことがめっきり多くなってしまいましたが、最近になってシンセで何かやるのもいいなとか思い始めており(Twitterでシンセ系の人をフォローしまくっている影響でしょうか)、こんなタッチの曲を作るのもそろそろアリかもな、などとこれを書きながらほんのり妄想しています。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です