右手の爪だけ伸ばしてみる

ガットギターの指弾きのために、右手の爪だけ伸ばし始めました。今までアコースティックギターでも指弾きはしてきていたのですが、基本的に指の腹だけを使って柔らかい音色で弾く感じなので特に右手の爪を伸ばすことはしていませんでした。でも、さすがにガットギターで指の腹だけだとちょっと大人しすぎるというか、もう少しブライトな音で弾いた方が音の強弱もしっかり付けられて好ましい感じです。

まだ中途半端な伸び具合ではありますが、ちょっと爪で引っ掛けて弾くだけでタッチや音量、音色等もけっこう違ってくるもので、そうした弾き方の違いによる音量や音色の変化がけっこう面白いです。あとは日常生活で爪を割ったりしないように気をつけないと。今まで爪はかなり深爪で通してきたので、維持できるのかどうかちょっとドキドキです。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です