限りなく「チラシの裏」な状態でアイディア出しをする

今日は制作の手を止めて、Webのちょっとした改装プランやらその他のアイディアを練っていました。アイディア出しの時はPCではなく手書きで考えるのですが、プランナー時代から、こうしたアイディア出しの作業をするときには印刷をして使い終わったA4コピー用紙の裏に、ボールペンで走り書きに近い状態で書くのが定番となっています。ほぼ完全に「チラシの裏」状態です(笑)。ちなみに採用されたアイディアなどは後でPCにドキュメントとしてまとめて、その後この紙は捨ててしまいます。

これだと書き損じてもすぐに捨てればいいやという気軽さが手伝ってか、意外とサクサクペンが進みます。本当は文房具自体は好きなので、それこそRHODIAのブロックメモとかすごく憧れたりするのですが、そういうかっこいい文房具を使うとなんだか畏まってしまうのか、不思議と手がぜんぜん動かないのです。ただ単に貧乏性なだけかもしれませんが……。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です