なにもそこまでアナログシミュレートしなくても

PowerCoreのオプションプラグインに「CL1B」という、実在するビンテージ機材をシミュレートしたものがあります。時々使っているのですが、そのサウンドはもちろんのこと、表示される画面まで実機パネルと同じ……というアナログ感溢れたものです。

実は今日の作業中にPowerCoreの調子が一瞬おかしくなってしまい、「プラグインが使用できません」という表示画面になってしまいました。CL1Bの使用中にそうなるのは初めてだったのですが、その「使用不可」の表示があまりにアナログすぎて心和んでしまいました。写真だと見づらいかもしれませんが、右上のメーターの所に「DISABLED」(使えなくなった)っていうフセンが貼られてます。何もそんなところまでアナログシミュレートしなくても……(笑)。

久々のPowerCoreトラブルでちょっとブルーになりかけましたがこうした遊びがあると心なごみます。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です