【iPhone4でトイカメラ】シンセサイザーのツマミをレトロフューチャー感丸出しで撮る

相変わらずトイカメラ熱は収まらず、iPhone4片手にいろいろ外に写真を撮りに行きたいのはやまやまなのですが作業もあるので外に出ることはできず、結局のところ仕方ないので相変わらず身近な楽器や機材ばかり撮って遊んでいます。

機材といえばやはりツマミがたくさんついていてピカピカしたやつがいいだろう、ということで今回の被写体はNovationのマスターキーボード、SL Mk2 49です。それまで使っていたマスターキーボードが今年の春に壊れてしまったため買い替えたのですが、Automapがけっこう便利で、Liveのオペレーションなんかはこれで行っています。

タイトルに「シンセ」って書いてしまいましたが、こいつは厳密に言うと音源は搭載してないのでシンセじゃありません。まあ音を出すのが目的ではなくてここではタダの被写体なのでここは細かいことには目をつぶります(笑)。

トイカメラでこうした機材を撮ると急にレトロフューチャー感が出て楽しいのですが、この機材もうまくはまってくれました。本当にいちど機会があったらパッチケーブルのいっぱいささったモジュラーシンセとか撮影してみたいです。誰かDoepfer持ってる人いないかな。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です