爪の長さには気を使います……

ようやく右手の爪が、ガットを弾いて丁度いいぐらいの長さになってきました。しかし、ガットにちょうどいい爪の長さが他の楽器にとっても丁度いいのかというとそうではなく、むしろ爪が長いと不便を感じることの方が個人的に多いです。同じく右手の指ではじくタイプの楽器が弾きづらいことこの上ありませんし、楽器ではありませんがパソコンのキーボードも打ちづらくなります。

目下迫っている演奏予定としてアコギをフィンガーピッキングで弾く予定があるのですが、アコギで爪の当たりすぎる感じがあまり好きではないので、爪のサイドの部分だけを爪ヤスリを使って削り、中央の部分はそのまま残すというセッティングを試しています。実はガット的にはもうちょっと爪が伸びてほしいのですがアコギを弾くには限界なので先にサイドだけ削ってしまいました。

写真は、今年買ったガラス製の爪ヤスリです。すごくよく削れてキメも細かいので気にいっているのですが、あまりにサクサク削れるのでちょっと油断していると演奏に必要な分までうっかり削ってしまうことがあるのが難点です(?)。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です