歪ませるのもほどほどにしておきたい

今週はエレキギター&エレキベース録りを進めていました。録りの作業自体は手伝ってもらったりもしていますが、基本的に演奏するのはぜんぶ自分です。

特にベースを弾く指がおぼつかず(元々はベース弾きなのに!)、指先が水ぶくれになる寸前までがんばったりもしていますが、今のところとりあえずなんとか弾けてるのでよしとします。やっぱり力のいる楽器はそれなりに慣らし期間を経てから録らないと体にダメージがきます……。

それと、久々にエレキギターをガッツリ弾いているのですが、ディストーションの効いたリフを弾くのが気持ちよくって、調子に乗ってあんまり歪ませていたらもう音が歪みすぎてだんだん何を弾いているか分からなくなってしまい、頭から録り直すはめに……。何事もほどほどに、って思いました。あらためてリファレンスの曲など聞いてみると、思っていたより全然歪んでないものです。フレージングでそう聞かせちゃうんだろうなー。エレキも奥深いです。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です