鵡川のししゃもはスーパーで売ってるものとは違うのです

札幌から高速で一時間少々、鵡川町に行ってきました。鵡川といえばししゃもで有名なのですが、ちょうどいま時期がししゃも漁の解禁時期で、この時期に鵡川に来ないと食べられないあるものを食べにやってきました。向かったのはカネダイ大野商店

そしてお目当てのものを無事ゲット。ししゃも寿司です。鵡川のししゃも自体は札幌でも買うことができるのですが、普通に売っているのは基本的に生干しにしたものです。生のままでは鮮度がすぐに下がってしまうらしく、生で食べるには漁をやっているこの時期に現地に来るしかありません。

ししゃもの身自体にはほとんどクセがなく、味は淡白なのですが、脂が適度に乗っていておいしいです。率直な感想として、これよりおいしい刺身はもっとたくさんあるかな、とも思いはしましたが「その時期に、その土地でしか食べられないもの」というのにはやはり強く惹かれます。

普通のししゃも生干しももちろん買ってきましたが(写真みたいな感じで、店頭で生干ししているものをそのまま買うことができます)、こちらは帰宅後ホットプレートで焼いて食しました。美味です。個人的には、生食よりは焼いて食べたほうがうまみがしっかり出ておいしいなと思いました。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です