「Rebirth for iPad」に刺激されて10年前に作った曲を引っ張り出してみた

iPad専用のRebirthが、とうとうというかやっぱりというか、リリースされました。

以前に出ていたiPhone版はマルチタッチには対応しておらず、あまりiPhoneのうまみを生かしきれていなかったのですが、今度はビデオを見る限りどうやらマルチタッチにも対応しています。PC版がマウスによるシングルタッチだったことを考えれば、それだけでかなりの飛び道具、あるいはライブパフォーマンス用のアイテムになりそうな予感です。Propellerhead社が紹介ビデオをアップしていますが、Rebirthの(というか303やら808、909)の基本的な使い方について丁寧に解説されていました。

このビデオの最後のほうで、「303や808、909がいまやクラシックでスタンダードなシンセとなって今もポピュラーミュージックに溶け込んでいるように、いまやRebirthというソフトウェアシンセサイザーもその仲間入りをしようとしている」的なことをおっしゃっているのですが(聞き取り間違ってたらすいません)、流れの速いコンピュータミュージックの世界で一度は過去のものになってしまったソフトが、マルチタッチディスプレイのような新しいテクノロジーを携えることで再び大きな力を持つ、みたいな流れはとてもすばらしいことだと思いますし単純にワクワクします。

さてこの元となったPC版のRebirthですが、今を去ること十数年前、僕もかなりいじってました。まだソフトシンセもほどんどない時代で、PCでシンセサウンドが出せること自体がすごく衝撃的でしたし、ちょうど303や808、909を使ったアシッドテクノはまだまだ盛んな時代でしたから、あのゲヨゲヨしたベースラインが自分で作れるというだけで相当のヨダレものでした。

そんなこんなで急に懐かしくなってしまい、HDDをゴソゴソと漁ったら10年前に作った曲が出てきました。ほとんどRebirthで作った曲です。

[audio: http://studio-rice.sakura.ne.jp/music/works/song_000330.mp3]

後半の一部で別なシンセ(たぶんJV-1080とか。懐かしい・・・)をちょっとだけオーバーダビングしていますが、基本的にRebirth一本でこんな感じのができます。よかったら聴いてみてくださいな。久々にまたRebirthいじってみたくなりました。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です