交流会って言うのもこっ恥ずかしいので「サウンド飲み会」です

先週の金曜日のことなのですが、仕事や交流会などなどを通して知り合ったサウンドクリエイター系の仕事をしている人同士で、「サウンド飲み会」という、名前だけ聞いたら若干もっさい感じの集まりを行ってきました。今年の夏に第一回を行って面白かった&有意義だったので今回第二回を開催したのですが、本当に同業者が集まって酒を飲むだけという集まりで、交流会とか情報交換などと名乗るのもちょっとおこがましいというかこっ恥ずかしい感じなので(笑)、とりあえず「サウンド飲み会」で通してます。いや、実際仕事の話になったり新しい出会いもあるのですが、あまり固い集まりにしないように、という配慮でもあります(やや言い訳)。

今年は(ってもう残り一ヶ月ちょっとしかないですが)本当にいろんな方と知り合ったりお話をする機会が多くてありがたいのですが、音楽とはちょっと違うサウンドクリエイター系(といっても大半の人は曲も作っているのですが)の業界、特にゲームのサウンドを作っている人たち同士はなかなか横の繋がりが少ない世界なので、こうした集まりがあったら面白いかなと思って幹事を買って出ています。しかし、いざ話し出してみると共通の知人等が出てくるという狭い世界でもあるのがこの界隈の面白いところです。

ところでこの集まり、参加者の大半が(自分も含めて)かなりの酒量なので、飲み放題メニューに地酒や本格焼酎を含んでいるお店を会場にしましたが、飛ぶようにオーダーが相次ぎ、喜んでいただけたようで何よりです。サウンド系の人って飲める人が多い印象なので飲み会盛り上がります。次は同じメンバーで新年会でもやろうかなと思います。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です