繁華街の場末は軽いタイムトリップ感

忘年会シーズンで繁華街をブラブラと歩く機会が多くなってきました。先日もとある仕事絡みの忘年会に参加し、そりゃもう深夜まで飲み明かしてきたのですが、その店から店への道すがら、普段なら絶対通らないような繁華街の場末の一角でノスタルジックなお店を見つけてしまいました。

見つけたのは古いコインランドリーだったのですが、その中にはテーブル型の筐体が何台も並んでおり、いきなり郷愁を感じさせます。

さらに、この他にもどういうわけかベータのビデオデッキなども鎮座しており、きっと80年代からずっとこのまんまだったであろうことを彷彿とさせるお店でした。思わず忘年会参加者たちが徒党を組んで店内に分け入ったのは言うまでもありませんが、筐体には残念ながら通電はされていませんでした。きっともう寿命でしょう……。

さすがにトイカメラで撮ると雰囲気バッチリです。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です