【LIVEレポ】コンペイトウ×Ivorish Valentine’s Day Live @ cafe’ rit.

IvorishのキーボードであるたけしくんとTwitter友達なご縁で、先週末に行われたコンペイトウ、Ivorishの2ユニットによるジョイントライブを見に行ってきました。

コンペイトウ(写真左)は夫婦でボサノバを演奏するユニットで、今回初めて拝見しました。スタンダードのボサノバもとても気持ちがよかったのですが、それに加えて日本語のポップスをボサノバアレンジした楽曲が印象的でした。意外としっくりきます。ボサノバアレンジって意外と何にでも合うものなんだなと感じました。機会があればまた拝見したいです。

Ivorish(写真右)は清涼感のあるオリジナルのポップスを中心に演奏しているのですが、見るのは2度目です。リズム隊はなしでキーボードとギターだけでのバッキングという、最近のqua-quaと似たスタイルの構成なのでどうしても気になってしまいますが、リズム隊なしでもグルーヴを感じるよいパフォーマンスでした。オリジナル曲も着々と増えているようで、この先が楽しみです。

あー楽しかった、という満足感の中にもちょっと悔しさ混じりで帰宅の途につきましたが、これは音楽をやってる人なら分かってもらえると思いますが悔しかったということはいいライブだった証拠です(笑)。うちもがんばります。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です