Facebookでなくブログで日々のことを書くということについて考えた

ブログ再開してまだ数週間ですが、見ていただける方もちょっとずつ増えてきました。ありがとうございます!

今日はネットで思ったこと。ぼくはブログの他にFacebook、Twitterもやっているわけですが…。ぼくはネットでも実名でやっているので、毎日ブログ更新の情報をFacebookとTwitter(@yossierice)に流させてもらってます。

Twitterは140字しか書けないからちょっと使い方が違ってきますが、実は日記的なことを書くだけならFacebookでよいんじゃないか説もあります。実際ここ1〜2年はそんな感じで利用していました。他の方のタイムラインもよく見てます。

写真

で、率直に言うと…。
Facebookにリンクが貼ってあってもなかなかクリックしませんよね…(笑)。少なくとも自分はそうです。FacebookやTwitterにリンクが貼ってあっても、実際は見てないリンクの方が多いかもしれない。下手したら「Facebookに直接書いてもらったほうがありがたいよね…」とか思うわけです(笑)。

では、そんなご時世になんでわざわざブログなのか? ぼくなりに考えているのはこんな感じの理由です。

記録が残る

Facebookというサービスがいつまでもこの世にあるとは限りません。また、なくならなかったとしてもサービスが衰退して自分が離れてしまうことは十分あり得ます。昔、mixiにいろいろ書いていた時期もありましたが今はmixiも退会してしまったのでその記録は残っていません。ちょっともったいないなと思います。

せっかく書く以上はネットのどこかに自分の痕跡を残しておきたいなという気持ちがあります。

Facebookをやってない人にも見てもらえる

全員が全員、Facebookをやってるわけではありません。特に、FacebookとTwitterを両方やっていてよく思うのですが、ネット上で実名でのコミュニケーションに抵抗がある人というのは意外と多くいます。そういう中で、チャンネルをFacebookに絞っちゃうのはちょっともったいない。

表記が自由だ

ここがいちばん大きいかもしれません。例えば文章の途中に写真を挟むとか、複数の動画を貼付けるとか…。要は記事のレイアウトとか表現の幅が広いということです。あと、文章が長くなってもタイムラインに迷惑かけない、というのもあると思います。単純に書いたり作ったりするの楽しいです。

ざっとこんな感じで、久々にブログという表現方法に戻ってきたのでした。あ、でもブログに書くまでもないようなことは今後もFacebookでかる〜く書いていく予定ですよー。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です