すみません、ハーブコーディアルって何だかよく分かってませんでした。まとめます

実は、先日の飯寿司の講座と同時に、ハーブコーディアルの作り方講座もKINAで行われたので受けてきました。

ハーブコーディアル。…すみません。なんだかよく分かってませんでした(笑)。

ということでその場でレクチャー受けました。何かというと、ハーブを蜂蜜やワインなどに浸して薬用や嗜好用に用いたものらしいです。ほうほう。それで参加時に「持ち帰り用に瓶持ってこい」って言う参加時の話だったんですね(全く眼中になかった・笑)。飯寿司のことでアタマがいっぱいでそんなこと気にしてませんでしたー(開き直り・笑)

言い訳はともかく(笑)。
ハーブコーディアルが面白かったので簡単にまとめます。

このハーブコーディアル、簡単に言えばハーブの味もする甘いシロップなので、応用範囲広いです。普通にお湯で割ってもいいし、料理やデザートにかけたり、何にでも使えてさらには体にもいいよ、というステキなシロップ…ということですね。

2014-01-12 11.56.38

投入するハーブはすでに準備されていました。いくつかのハーブを投入するのですが、基本なんでもよさそうです。
で、今回入れる中でも気になったのが「エルダーフラワー(セイヨウニワトコ)」というハーブ。これ、北海道ではこいつの親戚のエゾニワトコというのが生えているらしく、これを使ってもいいんだけどあまり見かけない様子です。ちなみに、体を温める作用があったり、ポリフェノールが多いので抗酸化作用で風邪をひきにくくなるんだとか。ちょっと気にしてみてみよう。

2014-01-12 12.34.29

これらを鍋に入れて砂糖と一緒に軽く煮出して…

2014-01-12 12.35.49

漉(こ)すと、コーディアルの完成。

2014-01-12 14.12.27

お茶に混ぜる形でいただきましたが、ハーブ独特の味もそれほどなく、おいしくいただけました(あんまり適切な書き方じゃないかもですが「体に良さそうな」味がします)。あと、飲んだ瞬間体が温まります。この辺の効能的な部分は入れるハーブによるかもですが…。冬の時期にいいかもって思いました。

シロップは、瓶を80円で分けていただけたので(笑・ありがとうございます!)お持ち帰りをすることができました。いろいろなものにかけて試してみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です