楽器を始めるのは大人になってからでも全然遅くないと思う(体感的に)

今日は楽器を練習することについてのお話〜。

今週末はロイトンでの演奏なので、今週はそれにあわせてピアノ練習ウィークとなっています。いや、ライブ関係なく毎日やれよという話なのですが、どうしても練習以外のこともいろいろあるわけですよ(言い訳)。てへぺろ。

549517_572021506186778_1685715455_n

去年からの相棒。KORGのSV-1。

ところで、これを言うと驚かれるのですが、ぼくがピアノをはじめたのは19歳からです。それもクラシックピアノ等はまったくやったことがありません。ポピュラーピアノの教室に3年ぐらい通っていただけです。その後は趣味の作曲で6年間、仕事としての作曲で10年間キーボードに触り続けたので「なんとなく弾ける」感じにはなりました。

この時点で人前で弾けるほどではなかったのですが、2〜3年前ぐらいからピアノを人前で弾くことを(やっと今さら)始めて、今はとりあえず緊張せずに人前に出られるぐらいにはなってきました。(今のところ歌の伴奏がメインなので難しいことは出来ませんが…)

っていうことは。

「楽器やりたい」と思ってる人は、たぶん大人からでもできます。

よく「ピアノは子供からちゃんと教育を受けないと…」とか「小さい頃から音感を身につけないと」などと言われることが多いですが、個人的な実感として、そんなのほぼ関係ないと思います。早くからやるにこしたことはないでしょうが、少なくとも子供の頃から音楽をやっていなくて困ったことはないです。

逆に、例えば練習に対するモチベーションをうまく高めたり、練習方法を工夫することとか、そういったことを心がけることのほうが、上達に大きく関わってくるのではないかと思っています。

例えばちょっとしたサロンやカフェなどで、プチライブ・発表会的な演奏機会があったり、あるいはYouTubeなどの動画で演奏を披露するとかでもいいと思うのですが、とにかく自分の演奏を聴いてもらえる場所とチャンスがあるということは大きなモチベーションになるんじゃないかなと思います。

練習方法だって、ただ時間をかけてガムシャラにやればいいってもんじゃない。スポーツのトレーニングと同じで、効率的にうまくなる方法だっていくらでもあると思います。以前にスポーツクラブでいろいろなレッスンを受けていた際に「これ楽器の練習に応用したら面白いんじゃないかな」と思うようなことがあって、自分で密かに実践していることもいくつかあります。

そう考えると、サロンでのプチライブ・発表会的なイベントってこれから増えていったら面白いんじゃないかな。個人的には今ほど音楽を気軽に始められる時代はないと思っているので、そういう形で楽器を弾く人の人口が増えてくれたらなー、などと密かに妄想しています(笑)。


すみません、最後に今週末のライブをちょろっと宣伝させてください。ボーカルの伴奏なので決してメインではありませんが、それなりにピアノ弾きまくります(笑)

++++++++++++++++++++++++
「音楽祭 LOVE & BLESSED」

【日時】2014/1/18(土)20:30~
【場所】ロイトン札幌1F バークレスト
【出演】モモイヒトミ (20:30~予定)  qua-qua ( 21:00~予定)
【料金】ミュージックチャージ350円+ワンドリンクオーダー

++++++++++++++++++++++++


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です