毎日やさい写真_アイキャッチ

「毎日や・さ・い!!」の本当のウリは「ちゃんとロックであること」

もう出来て大分経つのですが、「やさいのうた【ベジソン】」として初めて作った歌、「毎日や・さ・い!!」を作ったときのことについて、あらためて書いてみようかなと思いました。

まずは曲をどうぞー。

この曲を作ったのは、2011年の11月頃。ちょうど「『歌う野菜ソムリエ』っていうのがいたら面白いんじゃない?」と夫婦で話し合い、まずは試しに一曲作って披露してみようと思ったのがきっかけです。

先にうちの奥さんの方から歌詞が上がってきたので、ぼくがギターを弾きながら曲を付けました。歌詞とギターを持って寝室に籠もり、歌詞を見ながら鼻歌で曲を付けていくやり方で、たぶん2時間ぐらいで出来たはずです(笑)。

とりあえず人前でやってみた。

2011年暮れに、野菜ソムリエさんがたくさん集まる親睦会の企画をうちの奥さんが担当することになり、そこで発表しようということになりました。ぼくも野菜に関しては門外漢ながら、ギターとアンプをかついで会場入り。

歌ったところまぁまぁ好評な手応えだったので、ここで「いける」と確信してレコーディングすることにしました。

ちなみにこの初めての発表のときは、当然野菜ソムリエの知り合いも全くいなかったので「ぼくだけ野菜ソムリエじゃない…」と若干のアウェイ感を感じてポツネンとしていました(^^;;。いまでは野菜ソムリエさんの友人もかなり増えてだいぶ大きい顔をしていますが、資格はまだもっていません(笑)。

んで、2012年にレコーディングして発表。即YouTubeにアップしたのが、上に貼っているものです。それからCDをいろんなところに配り始め、いろんな反応をいただき、振り付けを付けていろんなところで歌うようになりはじめたのですが…。

子供向けだからこそ本気で作りたい。

作ったときは、あまり「子供向け」というのは強く意識していませんでした。というか、歌詞を見た瞬間「きっと子供向けみたいなカテゴリになっちゃうんだろうな〜」という予感はあったので、「いかにも子供番組で流れそうな感じの曲」には絶対にしたくないと思い、かなり意識してロックテイストを盛り込んでいます。「なんだか心がウキウキ〜」のところとか、キメ入ってるし。ちなみに、ギターの他にベースもオルガンも自分で弾いてます(ドラムだけコンピュータで「打ち込み」してます)。実は曲の中で一番ロックしてるのはオルガンです。

いまでも演奏すると「ベジソンってロックですね〜」と言われることがあるのですが、最高の褒め言葉として受け取らせていただいてます(笑)。

今は「子供たち中心に聞いてほしい」という路線を打ち出してはいるベジソンですが、子供たちって一番ストレートに音楽を聴いてくれるし、素直な感想を伝えてくれるいちばんシビアなお客さんでもあります。だからこそ、「曲としてのかっこよさ」だけは絶対に妥協したくないなーと思いながらその後のベジソンも作っています。ベジソンを聞いた子供たちの1000人に2〜3人ぐらい、ギターに目覚めてくれる子がいたら本望です(^o^)



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です