efb6225c01c6ddf6988ca9def5df6f08_m

ポジティブでもネガティブでも、人の気持ちは連鎖していく。

こないだ飲みの席で出てきた話が面白かったのでネタにしたいと思います。今日は「人の気持ちは連鎖する」ということについてちょっとだけ考えてみました。

先日、仲のよい友人夫婦とうちの夫婦で家飲みをしていたのですが、その中でたまたまお歳暮の送りあいの話になりました。

「お歳暮って、いちどもらったら『お返ししないと』って思っちゃうから、ほんと送り合いがいつまでたっても止まらないんだよねー。そんなわざわざ返してくれなくてもいいのにって思いながら結局何往復もしちゃったりして…」と。

所帯を持つとどこでも出てくるような「あるある話」でゆるく盛り上がっていたのですが。突然、この構造って何かに似てるなーと思いました。しばらく考えて思いついた。

あれだ。急にヘビーになっちゃうけど、これって戦争とかにおける「憎しみの連鎖」ってやつにすごく近いんだ。

ちょっとしたいさかいが起きる⇒誰かがギセイに⇒「あいつだけは許さない」⇒報復⇒別な誰かがギセイに⇒「あいつは許さない」⇒以下繰り返し……

ということは、正の感情でも負の感情でも、人の気持ちは常に連鎖して行くものではないだろうか。

もうちょっと言うと。人は「リアクションしたい生き物」、あるいは「リアクションせざるを得ない生き物」なのかもしれません。だったら、どうせなら悪い気持ちはできるだけストップして、その分誰かにいいことをして、そのお返しにいいことが起こって…という、「いい連鎖」をしたいよねー。

…などと、実家からお歳暮返しに送られてきた青菜漬を見ながら思うのでした。お返しに何送ろうかな。

2014 01 13 11 03 20

ちなみにぼくは、過剰な何往復もするようなやり取りはどうかと思いますが、ぼく自身が親元から離れた土地で暮らしている関係で、「お互いによその土地のものが食べられるから」という理由からお歳暮というシステム自体はいやじゃない派です。

ほんとはその土地に来て食べるのがいちばんいいんですが、食べ物を送って食べてもらうことで北海道を知るきっかけになってもらえたら嬉しいし。ほんと、平和な連鎖なら大歓迎です。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です