下手に休むぐらいなら、ちょっとでもいいから毎日続けたほうが長く続く気がする

unsplash_52b6b4db7397c_1

この一週間ちょっと、超絶充実してました。

かつての師匠との共演ベジソン出前プチライブ。終わって一息つく間もなく、今度は4月のイベントに向けての打ち合わせや準備、ステージの構成作り。さらに突然ダイエットまで宣言。あと今月もロイトン出番あります。割と忙しいんじゃないか、自分。

そんな中ですがブログは淡々と一日一本更新してます。こんだけ動いてると逆に書く事があるので続いている、という側面もあるにはありますが…。

下手に休むぐらいなら、毎日やったほうが長く続く気がしてる

ぼくの今年のテーマのひとつは「習慣化」です。やりたいことや身につけたい事があるなら、毎日のルーチンのひとつに取り入れてしまえば良いのです。

実は、今年決めた唯一の目標は音楽のことでも仕事のことでもなく、「ブログを毎日書く」でした。もちろんブログ執筆に本腰を入れてみたいという目的もありますが、副次的な効果も狙っていました。毎日書くとなったらそれだけのネタが必要です。アウトプットする事を前提にすれば、自ずと普段の活動も充実していきますし、記事に書こうと意識する事で目の前の体験をより深く自分の中で噛み砕いて消化する事ができます。

ただ。そうはいっても毎日ネタになりそうな事が起こる訳ではありません。どうせ書くなら中身のある事を書きたいとは思うのですが、それでも毎日記事が書けるほどの動きがあるわけではありません。そんなとき、下手に「書かない日」を作ってしまうと、いざやるぞって時に腰が重くなってしまいます。

そこでぼくは「どうでもいい記事でもいいから、毎日書く事の方を優先」としました。

これ、やってみたら実はこの方が楽だなということが分かってきました。実際、日曜日などはどうしてもアクセス数が下がってしまうので、カジュアルにどうでもいいことを書いたりしますが、その事でリズムが保てます。あと、どうでもいいことを書くのって意外と楽しいということも分かりました(笑)。まぁ、息抜きも必要ですよ。

と、ここまで書いて昨日の「言い訳してもいいから体重を毎日計る」というのと、根底に流れている思想は同じだという事に気づきました。とにかく継続は力だって事ですね。いつまで続くかは分かりませんが、基本的に書く事は大好きなので淡々と続けたいと思います。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です