de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_m

身をもって学んだ、どうせ痩せるならご飯抜きより体を動かした方が絶対にオススメな理由

今回のダイエットは基本、食事制限よりは体を動かしてカロリーを消費していくことを優先する戦略です。

実は今までもまったく運動してなかった訳ではありません。自宅のすぐ裏が区営体育館という恵まれた立地なので、週末だけここのトレーニング室に通っていました。今回のダイエットでは、単純にこれを平日の夜にも行くようにしようという、言ってみればただそれだけです。まず1ヶ月目はこれでいきます。週末も含めて週3回が目標。ただし設備のよいスポーツクラブに入り直すことも検討中。

2014-03-04 20.38.09

ということで昨晩行ってきました。この写真だと何してるか分かんないですよね。エアロバイク漕いでます。仕事終わりで行くの久々。行くと大体ウェイトトレーニングと有酸素運動(エアロバイクorランニングマシン)を行っています。スポクラ歴それなりにあるので自分の中での消化メニューはだいたい出来上がっています。詳しいメニューはいずれ。

ところで、体重を減らすためには、主に2つの方法があります。

・摂取カロリーを減らす(食べ物を減らす)
・消費カロリーを増やす(運動をする)

実はこれまでの人生の中で、両方やった事があります。

理論上はどっちでも減ります。ただ、全く体を動かさずにただ食べ物を減らすだけでは、あまりいいことがありません。

食べ物を減らすだけだと、痩せにくくなる

ただ食べ物を減らしていくだけだと、最初は順調に体重が減ります。面白いぐらい減ります。ただし最初だけ。

「いつも食べているご飯を少しだけ減らそう」とかだったらよいのですが、だんだんこの減り方が面白くなってきて、ご飯抜きとかをつい盲目的にやってしまうとあまりよくない。これが続くと次第に体が防御反応を起こしてしまい、だんだん体重が変わらなくなってきます。

「やべー、食料危機だ」と感じた脳は、より少ないエネルギーで生命を維持しようとセーブモードみたいなやつに入ってしまうようで、体の基礎代謝が下がってしまうのです。こうなると痩せにくくなってしまう。

そして何より、精神衛生上極めてよろしくないです。実はまだ20歳ぐらいの頃、無理して一日一食で1〜2ヶ月生活した事があります。体重は減りましたが、そりゃもう一日中意識もぼんやりして不機嫌でした。メシ食ってるやつに「メシ食うとか、意味分からん」とか謎のキレ方をしたりしていました。こんなやつが友人にいたら面倒くさいことこの上ありません。しかもご飯抜きをやめたらすぐに体重が戻ってしまいました。後に残ったのはイライラした思い出だけです(笑)

体を常に動かしておいた方が、痩せやすくなる

一方体を動かすと、次第に体に筋肉が作られていきます。ここがポイントです。筋肉って、実はめちゃくちゃ燃費悪いんです。維持するのにカロリーを必要とするんです。これが基礎代謝のアップにつながります。

ということは、筋肉がいっぱいあれば基礎代謝が上がって痩せやすくなるはず。やったね! 運動そのものでももちろんカロリーは消費するのですが、運動を続ける⇒筋肉増える⇒脂肪が燃えやすい体になるという好循環です。

さらに、運動すると体がスッキリして意識もクリアになり、前向きな気持ちが出てきます。ほんとにみんなやればいいのに。思い切ってやってみると気分転換にもなっていいですよ、絶対。

なんだいいことづくめじゃないか。とにかく筋肉を付ければいいんだ! …と、ここまで分かった5年前のぼくは、ずぶずぶと深い筋トレの沼にはまっていってしまったのでした…。この話は超絶長くなるのでまた次回…。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です