松本さんの味噌作り講座で、豆のおいしさを再確認してきました

2014-03-16 12.02.58_2

日曜日、いつもお世話になっている料理教室のKINAへ。今回は、ファームまつもとの松本千里さんによる、手作り味噌作り講座に参加してきました! 本日はそのレポートです〜。

手作り味噌食べ比べ

講座は、まずいろんな種類の豆で作った味噌の食べ比べからスタートです。

2014-03-16 10.13.55

左から、黒千石、サッポロミドリ、くらかけという種類の豆だそうです。

豆の種類以外は、麹や塩の量、保存の期間などすべて同じ条件で作ったそうなのですが、びっくりするほど味が違います。特に、左の黒千石という豆で造った味噌がとてもコクがあって「すいませんご飯ください」って言いたくなる味でした。というか、試しに言ってみましたが出ませんでした。残念。あ、ダイエット中でした。

手作り味噌の仕込み体験

ということで、実際に材料を混ぜ合わせる仕込みを体験します。

2014-03-16 11.07.01

基本は、煮て潰した豆と麹、塩をよく混ぜるだけ。ボウルが大きかったので集団で揉みます。この角度で写真を撮るとなんだか軽いB級ホラー。

2014-03-16 11.09.57

保存のときに空気を出来るだけ抜くため、容器の中にこのタネを入れる時は、タネを拳大の大きさの味噌玉にして、容器に強く投げ入れるんだそう。次々と味噌玉が丸められていきます。

ということで、投げ入れるの、やりました。野球好きの血が騒ぎます。

2014-03-16 11.12.51

うりゃー!(小川さん撮影ありがとうございました)。

球種はスライダーを宣言しましたが、直前にビビってストレートで投げてしまいました。申し訳ございません(笑)。味噌玉は無事にいい音を立ててミット(容器)に吸い込まれていきました。

試食タイムで豆料理の奥深さを知る

そんなわけで、仕込みはこれで終了。だいたい10〜12ヶ月程度で出来上がりだそうです。その時期を楽しみに待ちたいと思います。発酵食品はほんと面白いなー。

さて、お昼ご飯タイムです。長沼町・東山農場で採れたお米を使ったおむすび2種と、松本さん手作り味噌を使った豚汁です!

2014-03-16 12.03.14

そして、味噌作りにも使った黒千石という豆を使った福神漬けや、納豆・切り干しを混ぜたおかずなど、いくつかの豆料理が振る舞われました。

2014-03-16 12.03.03

とにかく福神漬けがめっちゃうまい!豆を使った料理ってなかなかピンとこない所もありますが、こうして実際食べてみると美味しいしちゃんとおかずになります。豆料理、奥が深いなと思いました。

ちなみにこれらのレシピ、道東の遠軽にある「べにや長谷川商店」という豆の専門店で出したレシピ本がとても参考になるとのことで、講師の松本さんもこのレシピを参考にした豆料理をよく作っているそうです。吉田家も買います。なぜならこれらのおかずのうまさに、豆を衝動買いしてしまったから。

そして、手作り味噌を使った豚汁もほんとおいしいです。KINAに来たら必ずやるおかわりを、本日もきっちり決めて参りました。

2014-03-16 21.06.40

おかわりするたびに大澄さんから激写されるので、そろそろKINAおかわり部の部長を名乗ろうかと思います。はい、現在ダイエット中です。

あー面白かった

講座には20人以上の方が集まり、出会いという意味でも今回はいろんな方と知り合う事が出来てとても楽しい講座でした。Facebookをやっていると、直接お会いした事はなくても「お噂はかねがね…」という方が多くて面白いです。さっそくその場でフレンド申請をしまくってしまいました(笑)。

2014-03-16 15.27.10

そして、今日の味噌作りで使っていた豆や、最初に試食した松本さんお手製の味噌3種類も販売されていたので、大人買いしてしまいました。うちでも豆料理やってみたいと思います。

※KINAの料理教室に参加してみた(&おかわりしてきた・笑)シリーズ、他にも何本か書いていますのでよろしかったら以下の記事もぜひどうぞ。

ファームまつもとのホームページはこちら


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です