「レンズ沼」にはまらず健全に一眼レフとつきあう事は果たして可能か?

IMG_7239

ブログで記事にするしないに関わらず、毎日何かあるたびに手持ちのiPhone5でパカパカと写真を撮っています。ちなみに「パカパカ」は擬音語ではなく擬態語です。そんな細かい事はどうでもいい。

ところでここにきて、あることが気になり始めました。

iPhoneの写真の画質、そんなによいわけではない。

簡単に言うと、iPhoneの画質じゃ満足できなくなってきた。

もちろんスナップ程度ならiPhoneで十分です。昼飯を撮ったりとかイベントに出た時のレポート用とか、そういうの。

そういうのではなく、例えばチラシやWebなどでメインで使用する写真を撮るときや、またはこのブログでも「この写真は一発いい感じで決めたい!」といった感じで「ガチ撮り」が必要になることが増えてきました。

特に、被写体そのものを多くの人に見てほしいような場合には(商品とか食べ物とか)、スマホの写真では詰めが甘い気がしてきました。スマホでもいろいろ加工は出来るけれど、トイカメラ的なアプローチで画質を変えたりする事がメインで、根本的な画質の部分では越えられない壁があります。

そんなわけで、デジタル一眼レフがすっごい欲しくなってきた。

いや、まったくお金はないんですが。なにか勝手に機だけが熟してしまった感がある。そろそろいきたい。勝手に自分の中で高まってきました。

さて、ぼくの身近でカメラバカ(褒め言葉です)といえば、ライブのたびに数多く写真を撮ってもらっているながやま氏です。実はこのデジイチ熱、正月にもいちど激しく高まってしまったため、ちょうどうちで集まって飲んでいたときに一度相談をしました。

というのもながやま氏が、(その日もいつも通り)でかいレンズをつけた一眼レフでその日のメインメニューだった鍋の写真を撮りまくっていたのです。

IMG_7239

何も知らずにこの状態で借りて「うわ、やべーめっちゃキレイに撮れる!」などとはしゃいでいたのですが、これは本体よりもレンズのほうが倍ぐらい高いのだということをその直後に知りました。試しに標準でついてくるレンズに付け替えたら…あれ、いまいちパッとしない。なんだそれ。つまり画質はレンズ次第ってことか。

結局、あとは予算との兼ね合いか

この数日後、理想のレンズを追い求めてレンズを買い続け、金銭感覚がおかしくなってしまう「レンズ沼」という言葉もあることを知りました。やべー。ちらっと借りただけでレンズの重要性だけはとりあえず身にしみて分かってしまった。

ギターや音楽機材にも似たような病が蔓延している(というかぼく自身が重症の患者だった)ので「沼にはまって行く感覚」は非常によく理解できます。果たして分別を持ってデジイチとつきあう事は出来るのでしょうか。別な沼を経験したものとして極めて不安です。じゃあ買わなきゃいいのに、ともう一人の自分がささやいていますが聞かなかったことにします。

ということで、あとは「カメラにいくら出せるか」というただその一点な気がしてきた。メーカー、どこがいいのかな。これ読んでる周りのデジイチユーザーの皆様、ぜひぼくに熱きプレゼンをお願いします(笑)。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です