男子もぜひ料理教室に行った方がいいよ、と思う3つの理由

IMG_7360_2

このブログでも何回か記事にしている通り、ときどき料理教室に参加して料理を習っています。ぼくが行っているのは西18丁目にあるHERB & COOKINGROOM KINA。最近の休日のお楽しみの一つです。

何回か参加して思いました。料理教室に来ている男子は圧倒的に少ない。みんな何やってるんだ。もっと料理教室行った方がいいよ(一方的な言い草)。

ということで、教室本来の目的である「料理が覚えられる」ということ以外に、男子も料理教室に行った方がいい理由についていくつか考えてみました。

1.習い事って単純に楽しい。

単純に、普段と違う作業に没頭するのは楽しいです。

ちなみにぼくは、家ではあまり料理はしません。一人暮らし時代はけっこう作っていたけど、結婚してからはヨメの料理レベルが段違いに高いこともあってほとんどやらなくなってしまいました。

習い事そのものが気分転換やストレスの解消になるってよく言いますが、まさにそんな感じです。ちなみに、基本的には先生の手ほどきを受けながら料理を作るため、普段そんなに料理をしない人でも料理が失敗することは少ない印象。

また、他の習い事と違って料理教室の場合は単発開催のものが多いので、都合に応じて受けられる気軽さもあります。

2.試食でいっぱい食べられる。

これは今まで再三遭遇してきたシチュエーション。試食で食べ物が余ります。参加者は大半が女性の方なので、みなさんあんまりお食べになりません。必然的に男子の出番となります。ずっと俺のターンです。

料理教室そのものには参加せず、「確実に食べ物があまりそうだから」と試食の頃合いに「食べるだけ要員」としてお邪魔したことすらあります。

IMG_5713

ただの食べるだけ要員なのにこんなにしっかりしたやつが出てきたことがある。すみませんありがとうございます。

そして関連して、料理教室の受講料というのは、レッスン料+材料費です。ここには出てきたメニューを食べるお金も含まれています。…もう計算できるよね。

飲食代まで考えると「料理」という習い事はぜったい得です。大事なことなので二度言います。お得です。もはや食べるために来ているといっても過言ではありません。

3.女性のお友達が増える(かも…)。

最初に書いた通り、料理教室に参加する人の大半は女性です。むしろ男子はぼくだけというシチュエーションが多数です(そのせいか時々男子が来るとやたら意気投合しますが・笑)。

教室ではみんなで同じものを作っているので仲間感が強くなります。試食でいろいろお話をして盛り上がり、帰りにFacebookでフレンド申請…っていう流れになることも多く、お友達があっという間に増えました。ということで、普段あまり女性と知り合う機会がないという方のきっかけ作りにもよいのではないでしょうか。

ただし、最初から出会い目的で教室にこられると他の参加者の方にぜったいドン引きされますので不審な行動は控えてください。というか普通に迷惑がかかりそうなので止めてください。(ここまで書いておいてなんですが、教室によっては男性一人での参加はできないところもあるので注意…)。

というかそもそも料理教室は既婚者の割合が多いんだった。そういう出会い目的の人、残念でした。

もっと男子も料理教室いこうよ、ということで

冗談はさておき、そんなぼくの今年やりたいことのひとつは、男子オンリーで料理を習うイベントを主催すること。最小催行人数4名程度で、なんか男の料理作りましょう。みんなで魚とか捌けるようになりたい。求む同好の士!!

ちなみに、KINAの料理教室に参加した際の記事をたくさん書いています。よろしかったら以下の記事も合わせてぜひどうぞ。実際の雰囲気とかつかみやすいと思います。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です