こないだ買った松本さんの手作り味噌は、この2週間どのように消費されていったのか

IMG_7931_2

2週間前に参加した手作り味噌の講座で、試食したらあまりにおいしかったのでつい買って帰ってしまった3種類の手作り味噌。

2014-03-16 10.13.55

  • 左:黒千石大豆味噌
  • 中:青大豆味噌(サッポロミドリ)
  • 右:くらかけ大豆味噌

突然の、しかし運命的なご縁で吉田家にやってきたこれら3種類の味噌が、どのように消費されていったかをお伝えするドキュメントです。ちなみに調理は全てうちの奥様が担当しています。ぼくは実況のみです。

【1日目】とりあえずそのまま、野菜につける

まずはそのまま食べたい!ということで、講座を受けたその日のうちに宴が催されました。我ながら素晴らしい瞬発力を発揮しております、吉田家。

IMG_7931

きゅうり、大根、ニンジンをスティックにして、直接味噌をつけて食べました。味のあっさりした青大豆味噌は、野菜の味もしっかり味わえていい感じ。逆に黒千石味噌は、味噌自体にコクがあっておいしいのですが何を食べても「味噌がうまい」ということになってしまい、大根などにはよくあったのですがきゅうりでは両方の味がケンカをして若干もったいない結果になりました。

【2日目】ご飯につける

もう、ここからしばらく写真がありません(笑)。

黒千石味噌のコクがすばらしかったので、これはご飯につけるのが良いと判断。めっちゃうまかった。これと味噌汁だけで朝食ぜんぜんいけます。今思えば焼きおにぎりにしても良かったなー。

【3日目】味噌汁に使う

味噌を使ったスタンダードな料理と言えば、当然味噌汁です。くらかけ味噌を使いましたが、麹の味がはっきり出て香りのしっかりした風味のある味噌汁になりました。

スーパーで買うような普通の味噌と違って変な塩分がないというか、うまみはあるのにしょっぱい感じがしなくて、優しい味に感じます。

【5日目】ナスの味噌炒め

ナスを黒千石味噌で炒めました。予想通りのコク。おいしかった。数日の間お弁当のお供になりました。ただそれ以上に書くことはなかった。

【7日目】複合技に走りはじめる

複数のメニューに入れる、味噌をちょっと混ぜて使ってみる…など次第に複合技を使うようになりました。

その中で、醤油の代わりに味噌を混ぜた納豆を何回か試していますがこれもすこぶる当たりでした。黒千石味噌納豆ごはん+くらかけ味噌汁という朝ご飯になったんですが、もう豆だけ食べてるイメージ。あれですよね。日本の本来の食生活ですよね。食べて見ると不思議に食材かぶってる感はありません。

【10日目】おかず味噌

味噌を使っていろいろ試せたので、残った味噌をブレンドし、そこに刻んだシソや万能ネギ、ミョウガ、ニンニクなどを混ぜました。これにて手作り味噌が黒千石以外フィニッシュ。

IMG_8030

たったこれだけで、元々戦闘力の高かった味噌がさらなる「ご飯駆逐マシーン」と化します。後にはぺんぺん草も生えないほどの勢いでご飯がなくなっていきます。まさにリーサルウェポンです。危険です(ダイエットの敵とかの意味で)。

とりあえず卵かけご飯に絡めてみました。めっちゃうまい。ただの味噌の3倍ぐらいうまい(当社比)。たとえは変ですが、インドネシアの調味料のサンバルみたいな感じで何にでもかけて食べられます。

あと、変わったところではインスタントの味噌ラーメンに少し投入しただけで一気に風味がよくなりました。恐ろしい。今日時点で半分ぐらい消費したのでまだ数日は楽しめます。

まとめ

松本さんの手作り味噌、3種ともおいしく(予想以上のスピードで)消費させていただきました。あとは先日漬けた味噌が出来上がったらまた楽しめますが、あと10ヶ月ぐらいは待たなきゃいけません…。まだまだ道のりは長いのだった。

ファームまつもとのホームページ


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です