DSC01348_2

NEX-5R標準のズームレンズと、シグマのF2.8単焦点レンズで軽く撮り比べ

【ここまでのあらすじ】
SONYのNEX-5Rというミラーレス一眼をお下がりで手に入れてしまったぼく。ついに一眼レフ使い(そしてレンズ沼の住人)の仲間入りをしました。

NEX-5R、2年前の機種なのですがぜんぜん困りません。もう、写真を撮ると言えばiPhoneしかなかったぼくにとっては、標準のズームレンズだけでもすでに驚異的なクオリティ向上です。

昨日の記事でも書いた通り、標準のズームレンズの他に単焦点レンズも一本手に入れたのですが、やはり違いが気になります。試しに家の中のものを同じような構図で撮って、撮り比べてみました。モデルは「王様」のぬいぐるみと、愛機の電子ピアノ、SV-1です。写真はクリックすると拡大するようにしました。

標準添付のズームレンズで撮った写真

本体 SONY NEX-5R
レンズ SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

DSC01359

DSC01355

DSC01360

やべー。いい感じ。これだけでもiPhoneで撮った写真とはクオリティが違います。うちのSV-1がやたらと高級機に見えます。ステキ。

シグマの単焦点レンズで撮った写真

本体 SONY NEX-5R
レンズ シグマE 19mm F2.8 EX DN

DSC01346

DSC01349

DSC01363

このほか、記事の最初に表示されている写真もシグマのレンズで撮ったものです。

やべー、なんだこのクオリティ

実は、撮っていたときには単焦点の方が圧倒的にいいよねと思っていたのですがブログに貼付ける用に小さくしたらあまり差が出なくなってしまい、新発見をしてしまったところです(笑)

ただ、画像を大きくしてみるとやっぱり差が出てきます(写真クリックで拡大できるようにしてあります)。単焦点レンズの方がF値が小さい分、背景のぼけがしっかり出るので写真全体に雰囲気が出てきます。撮っていても「なんだよこれ!! 適当に撮っただけでもうこのクオリティかよ!」という状態だったので(笑)、基本的には単焦点レンズを使っていたいなという感じです。

そうか、これがレンズ沼の入り口か…(遠い目)

ただ、ぼくにはもうこれでも十分すぎるクオリティです。今まで軽自動車に乗っていた人が突然大型セダンに乗り換えたような感覚。やばい夢広がってきた。鼻血が出そうです。一眼レフがこんなに楽しいと思わなかった。しばらくこれで遊んでみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「NEX-5R標準のズームレンズと、シグマのF2.8単焦点レンズで軽く撮り比べ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です