DSC01457_2

ホルモン焼きとモツ鍋のどっちがいいかなんて決められません【平澤精肉店】

最近音楽制作業として独立されたゆーきさんをお祝いするため、ban氏&吉田家のメンバーで、ホルモン料理の「平澤精肉店」に行ってきました。お店チョイスはban氏。ありがとー! ぼくも彼もホルモン好きです。

新鮮なホルモンを使った料理がメインのお店なのですが、ホルモン焼きと塩モツ鍋が二枚看板の様子。悩む一同。困った、どっちを食べればいいんだ…!

いいや、両方頼んじゃおう

決められないなら両方食べてしまえばいいのです。

DSC01457

焼きホルモン来た。自分で焼くのかな…と思っていたのですが、もう焼いてすぐ食べられる状態でやってきました。大阪のちりとり鍋みたいな感じですよね。とにかくホルモンが脂のっててプリプリで美味しいです。ビールが進みます。きっとご飯も進むと思います。恐ろしい破壊力です。

DSC01451

塩モツ鍋が来ました。これはテーブルにきたばっかりの状態で、手前のプルプルしたやつが火にかけるとスープになります。あまりに食べたさ過ぎて、鍋としての完成系を撮るのをすっかり忘れていました。食欲に負けました。ごめんなさい。ちなみにこっちの方が野菜をいっぱい食べられます。モツの脂にキャベツがよく合います。もう合わない食べ物なんてこの世界に存在しないんじゃないだろうか。

この塩モツ鍋、鍋そのものも美味しいのですがさらなるお楽しみが! 〆に雑炊か白湯ラーメンを食べることが出来るんだそうです。満場一致で白湯ラーメンを注文。

DSC01461

おぉ、九州のとんこつラーメン風! モツのダシが出ていてめっちゃうまかったです。限界まで食べました。

それから他に、こんなメニューも。

DSC01459

馬肉とホルモンのミックス刺し。これ最初に頼んでもよかったなー。馬肉の他に、ミミガー、センマイ、その他いろいろ入っていてこちらも酒のアテとして最強な出来。

他にもさんざん頼んだのですが、一人あたま3,500円ぐらいで収まってしまいました。お値段的にもとてもリーズナブル。今度はホルモン焼きの〆の焼うどん食べてみたいです。

平澤精肉店 札幌本店
北海道札幌市中央区南3条西3-14-2 FA-S3ビル1F
営業時間 月~木 17:00~翌1:00
     金・土・祝前日 17:00~翌3:00
     日・祝日 17:00~24:00

DSC01452

ホルモンを突っつきながら濃いめの音楽制作談義に興じる一同。また飲みに行きましょー。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です