DSC01930

【Logic vs Cubase】標準添付のソフト音源を比較します(Logic編)

音楽制作ソフト(DAW)のLogicとCubase、両方を比較的長く使ってきたので、Cubase⇒Logicの乗り換えを機に、両方のDAWの違いをいろいろ比較してみるシリーズです。

今回比較するのは、「ソフトに標準添付されているソフト音源」についてです。このテーマで、この記事を含めて、3本の記事を書きました。なお、ここに書かれた内容はあくまで個人的主観ですのでご了承ください。

この記事では、Logicに標準添付のソフト音源のことについて書いています。

(2014.05.21 キャプチャ画像を更新しました!)

ちなみにDAW歴は1999-2005までLogicを使用、そこから2013年まで8年間WindowsでCubaseを使って、2014年にLogicに戻ってきました。主に作っているジャンルはポップス・歌もの系で、インストでもメロディアスなものが中心です。

ES1が、10年以上たっても際立つ存在感

Logicは99年から使っていたので、多くの標準添付ソフトシンセには馴染みがあったのですが、今年Logicに戻ってきて久々にこれらのプラグインに触ってまず最初に思ったのは「まったく古びてない!」ということでした(インターフェース以外は・笑)。

logic_ES1

特に、10年ぶりくらいに使ったES1には目が覚めました。なんだこの存在感。今年Logicに戻ってから、さっそくES1をベースに使ってブリブリ言わせてます。さすがまだES1がバラ売りだった時代に惚れ込んで買ってしまっただけのことはある(笑)。

これ、Cubaseに移ってからもずっと「ES1使いたいんだけどなぁ…」と思っていたシンセです。いまならMassiveとか存在感の高いシンセあるんですけど、ES1のややデジデジしたバーチャルアナログ感って独特ですよね。個人的にはClaviaっぽい系統だなと思っています。たぶんこいつは今後もバリバリ使い続けます。

ほかにも、超絶地味なんですが、Ver5から加わっているES PとかEFM1あたりも、どシンプルなシンセなのですがなかなか存在感を出してくれるので飛び道具的に使います。Cubase編の時に「NEON」の話を書いたのですが、曲の裏でなっているようなシーケンスを作るときとか、ちょっとした小技を使いたいときにこうした軽いシンセって重宝します。

logic_ES2

ES2ぐらいまではよく使っていて、パラメータもよくいじっているのですが、ScruptureとかUltrabeatあたりまで来ると、ポップス制作陣営としてはちと微妙です。設計志向自体がややエクスペリメンタルな感じなので、そういうのを作りたい人にはおススメできると思いますが個人的にはあまり使っていません。ただ音の質感は他のソフトシンセ同様、キャラが立っていることは確かです。

とはいえ、時代に淘汰されてしまったものもある

逆に、あらためてLogicに戻ってきたら、10年前はLogic内でも花形だったはずのサンプラーソフトのEXS24がそれほどでもなかった感ありました。昔はこれ一択ぐらいの勢いだったのですが、他のサンプラーソフトをさんざん触ってしまったからでしょうかね。UIも昔から全然変わってないし。今はKontaktを使っているので、EXS24に関してはあまり登板の機会は多くなさそうです。

logic_organ_EP

あと、エレピ、オルガン、クラビのシミュレート音源も出た当時はひどく驚嘆しましたが今は他が追いついて普通のレベルになった感ありますよね。もちろん質はよいしそのまま使えますが、サードパーティ製でキャラ質感の違うもののもあるので、好みのものを使えばよいと思います。

で、ポップス目線でいうと、内臓音源だけで完結させるにはちょっと弱いところがあります。CubaseではHarion Oneに頼っていたような部分の、ポップスオケで使えるようなちょっとシンセシンセしたブラス、ストリングス、ベル的な音色が入ってない。この辺は必要ならサードパーティの音源を買い足して使ったほうがよい感じがしました。ただし一つ一つの音源のキャラは立っているので、それをベースに作るのはもちろんアリだと思います。
  

Cubaseの標準添付音源について、また両者を比較した総論についても、それぞれ思うところを自由に書いています。1記事にしてしまうと長くなるのでそれぞれ分けてみました。もしご興味あればこちらをご参照ください。



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です