DSC01811

オーガニック居酒屋「粋ラボラトリー」で、お肉じゃないのにすごく満足感を味わった

先日さとらんどの「スプリングフェア」に出演飲食ブース提供した野菜ソムリエの皆さん合同で、打ち上げをやってきました!

お店は、野菜がおいしく食べられる場所ということで最初から決めていました。先日行った「粋ラボラトリー」に再訪です。メンバーのひとり、みゆきちゃんが粋ラボの店員さんということで予約等いろいろ取りはからってくれました(なんという偶然! ありがとうございます!)

今日もオーガニックなメニューを堪能しますよ

DSC01801

ある程度メニューをお任せということで予約したので、お店に着いたらお品書きを作ってくれていました。ステキな心遣い。とてもうれしかったです。
 

DSC01809

前回も飲んだ有機米の日本酒「花埋み」。ほんとおいしい。
 

DSC01803

大豆ミートの唐揚げ。前の記事で「これだけは頼みたい」と予告していたメニューが入ってました。嬉しい。この唐揚げめっちゃ好きです。まったく大豆な感じがしない。完全に肉。
 

DSC01810

勢いに任せて、「くるま麩のカツ」も頼んでみました。何これ!お肉じゃないのにすごいパンチ! とってもおかずになる味です。
 

DSC01806

放牧豚の柔らか煮。今日食べた中で、これだけが本物のお肉です。もちろんめっちゃおいしい。
 

「お肉って何だろう」と思ってしまうほどの高い満足感

他にもいろいろ食べたのですが、ちょっと感じたことがあったのでお料理の紹介はこのぐらいで(ほかの料理が気になる方は前回訪問時の記事をどうぞ)。

大豆ミートの唐揚げもくるま麩のカツも、ほんとおいしい。唐揚げの方は「これ、大豆ですよ」って言われても「またまた〜、ご冗談を」って返してしまいたくなるぐらい肉っぽいし、くるま麩のカツは、食べれば麩だとは分かるのですが、立派にメインのおかずとして成立している。どちらもご飯3杯は軽くいける、高い攻撃力を持ったおかずです。

ここで思った。お肉って何だろう。

もうちょっと言うと、「おかずになる感」とはなんだろう。

ぼくは食の専門家ではないのであまりいい答えは浮かばないのですが、タンパク質と脂があれば人は満足するものなんでしょうか。それとも食感や舌触りがそうさせるのでしょうか。食べながらいろんなことを考えてしまいました。なんだかいろいろと興味深かったです。誰か見識のある方いらっしゃったらぜひ教えてください。

またひとつお気に入りのメニューが増えました。粋ラボさんほんとおいしかったです。何食べても美味しい。

あ、そうだ、打ち上げだった…

ところで、ここまできて大変なことに気づきました。

お料理に没頭しすぎて、打ち上げに参加したみんなの写真撮るの忘れてました。自分ひどい。

ま、まぁ、会場では写真撮ったからいいよね…(震え声)

ともあれ、これまで話す機会のあまりなかった方と交流できたり、他の日の様子を知ることが出来たり、今後はこんな感じでやって行きたいね…などなど、楽しくて有意義な集まりになってよかったです。皆様お疲れさまでした! またおいしいもの食べにいきましょう〜!

…例によってぼくだけ野菜ソムリエではありませんが、もはや何ら気にしてません(笑)。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です