「チャイルド オブ ライト」製品版をプレイしてみますよ(ネタバレなし)

DSC01759

グラフィックの美しさに一目ぼれして、先日久しぶりに購入したコンシューマゲーム「チャイルド オブ ライト」。とりあえず2時間くらいプレイして、チャプター4(つまり、体験版の入り口)まできました。

ここまでのプレイのこととか感じたことを少しまとめます。ネタバレはしていないのでプレイを検討されている方も安心してご覧くださいませ。

ここまでにあったこと

例によって、キャプチャできる環境がないのでテレビの画面を普通に撮影しております。ご了承ください。

DSC01821

プレイ開始。体験版では空を飛んでたけど、最初は普通に歩くことしかできませんでした。

DSC01824

マップ内では2Dパズル的な要素が意外と多い。燃える。

DSC01830

時折ムービーがはさまります。フルボイスだった。今のところナレーションだけだったけど。

DSC01828

ムービーだけでなく、ゲーム内のキャラもしっかりストーリーを語っています。
 

ところでプレイしながら写真撮るのなかなかしんどいですね。バトルとかムリです。ちゃんとやってるひとは動画キャプチャとかしてるんでしょうが、まぁ専門外だからいいや。

製品版は、思ったほどハードじゃなかった

「チャイルド オブ ライト」、体験版でけっこうなやりごたえを感じた(=難易度がけっこう高かった)のですが、製品版を頭から始めたらきちんと難易度がステップ状になっており、それほどでもなかったです。最初から進めていれば敵もそんなに強すぎるとは感じないし、スキルも有効に使うことができます。

むしろ、体験版が逆にハードだったんじゃないだろうか。まぁいろいろ解放されて自由度上がり始めるのがそのぐらいのチャプターなのでゲームの概要を知るには適切だったのだとは思いますが…。

体験版だけやって迷っている方のために書きますが、最初からプレイしたらもう少し素直に行けます。ぜひご検討してみてください!

それでも「RPGらしさ」は健在。

開発したのはUbisoftという海外のスタジオですが、とても日本のRPGらしい作りです。JRPGって、時として揶揄されることすらありますが、面白いものは面白いんだから仕方がない。

雰囲気とかデザインに一目ぼれして買ったゲームですが、世界観が気持ちよいです。細部まで作り込んでて素晴らしい。体験版で感じていたほどの難易度がないおかげでストーリーもしっかり楽しむことが出来ます。オーロラがどうなってくのか気になります。ネタバレしない範囲でまたプレイの様子を紹介していきたいと思いますー。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です