iPhoneが突然何の操作も出来なくなってしまったら…「リセット」してみましょう

iPhoneを使っていると、時々原因不明のいろんなトラブルが起こります。

「なんかWi-Fiにつながらない…」とか「アプリがよく落ちて…」とかだったらまだ可愛げがあるのですが(いや、起きてほしくはないのですが)、もっと重たい症状に時々遭遇します。例えば…

  • ロック画面でどうがんばってもロックを解除できない。
  • アプリの操作をしていたら、突然入力を受け付けなくなってしまった。
  • 画面をタップしても何も動かなくなり、電源も切れない。

…などなど、心当たりありません?  iPhone使ってると稀にこういう現象に遭遇したことがあるはず。焦ってしまいますよね…。

で、意外と知られていない唯一最大の解決法をご紹介したいと思います。

iPhone、実は「リセット」することができます

やりかたはとても簡単。下の写真のように、iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時に押しっぱなしにするだけです。

IMG_8281

写真では、左手の人差し指で電源ボタン、右手の親指でホームボタンを押していますが、このように両手を使って2つのボタンを同時に何秒か押していると画面が消えて一度真っ暗になった後、下の写真のようにリンゴマークが出てきます。このリンゴマークが出たら指を離してOKです。

IMG_8282

このあと普通にロック画面が表示されるので、これでリセット完了。

※余談ですが、iPhoneの画面が思いのほか汚かった(笑)。吹いてから写真撮れば良かったですね(^^;)

いちおうリセットは最終手段に近い方法なので、もし電源ボタンを長押ししての電源OFFが出来るのであれば、そちらから先に試しましょう。電源が切れなかった場合にはこのリセットが有効です。

体感的に、こうした原因不明の入力不可能な不具合はこれでシレッと直っています。困ったらぜひお試しあれ!


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です