【売却済】PowerCore FireWire+オプションプラグイン(およそ15万相当)、誰かいりませんか?

DSC01869

【2014.06.16更新】
こちらの機材、売約済となりました。ありがとうございました。記録としてこの記事自体は残しておきます。


音楽機材の引き取り手募集のお知らせです。

もう10年もの長い間使い続けてきたハードウェアプラグインシステムのPowerCore Firewireですが、開発が終了してしまったことと、さすがにMacBookPro一台完結の現行制作システムではハードウェアそのものがとても邪魔になってしまったため、本当ならプラグインとしては今後もバリバリ使い続けたかったのですが泣く泣く手放したいと思います。

DSC01872

PowerCore自体の開発はすでに終了しており、新しいプラグインが出ることはありませんが、Mac/Win共にドライバは64bit対応、各フォーマットのプラグインが32bit対応ということで、現行機種でならバリバリ使えます。

一点、Windowsで使用する注意点としては、IEEE1394ポートをオーディオI/Fとは別なカードから取った方が安定する、というくらいです(なのでWinで使っていたときはIEEE1394カードを2枚差ししていました)。

魅力のオプションプラグイン群

オプションのプラグインをいくつか買い揃えており、ほぼこれ用にPowerCoreを使っていました。どれも本当に高品質なプラグインばかりです。紹介します。

■MD3
オールマイティなマスタリングプラグイン。特筆すべきはM/S処理でマスタリングができること。余計な色付けがなく、くっきりはっきりと持ち上げながら定位をぶわっと広げることのできるステキなプラグインです。すべての完パケ作品にこれを使用していました。一応これだけで8万ぐらいします。

■VSS3
高品質のリバーブプラグインです。よくあるIR系のリバーブと違い、空間そのものの演算からしてしまうプラグイン。リバーブの密度が濃く、一気に質感が変わります。メインのパートに使うと存在感が際立ちます。

■CL1B
ビンテージコンプ、CL1Bのシミュレートプラグインです。Softubeによる開発でとても質感がよく、ボーカルやアコギに多用していました。いまSoftubeから出ているプラグインのCL1Bと中身は同じです。

■Tap Factory
マルチタップディレイのプラグインです。タップを何十個も設定しての複雑なディレイを作ることができます。

■Intonator HS
ボーカル用のピッチ補正プラグイン。

このほか、標準添付のプラグインはすべてそろっています。各プラグインの詳細はこちらのページを(英語ですが…)。

・24/7-C
・Chorus-Delay
・ClassicVerb
・DynamicEQ
・EQSat
・Fabrik C
・Fabrik R
・Filtroid
・Master X3
・MegaReverb
・Noveltec Character
・PowerCore 01(ソフトシンセ)
・PowerCore CL

アカウントデータそのものを他人へ移管することも可能なので、まだ購入していないプラグインを追加購入することもたぶん可能です(先のことを考えるとうあまりお勧めできませんが…)。

【2014.06.16更新】
こちらの機材、売約済となりました。ありがとうございました。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です