FabfilterのPro-Cも、Pro-Q同様小回りの効くコンプで素晴らしい使い勝手

DSC01913

以前に超愛用しているPro-Qのことを書きましたが、愛用しているFabfilterのプラグインはこれだけじゃありません。今日第2弾として紹介するのが、コンプレッサープラグインのPro-Cです。

今やビンテージコンプのモデリングプラグインがこれでもかとばかりに発売され、1176やらLA-2AやらCL1Bやら、もはやなんでも使い放題みたいな世の中になってきましたが、そんな中でPro-Cはデジタル処理ならではのユーザーインターフェースと使い勝手を持ったプラグインで、小回りの利くプラグインとしてとても重宝しています。

コンプの効き方がグラフィカルに分かりやすい

もう、Pro-Cの何よりすごいところはこれにつきます。コンプのかかり具合が時間軸をもったリアルタイムのグラフで分かるという。眺めてるだけで普通に面白いです。

pro-c_2

赤い線が減ったゲイン、黄色い波形の部分が減った結果の音量、上の灰色の部分が削られた部分…という感じに、グラフィカルにコンプレッションの様子が分かります。

グラフィカルになったことで、コンプがどのように動作してどういった効果が得られるかが、ただツマミをいじっただけのときよりも見た目に分かりやすくなり、コンプレッサーを知らない人にもやさしいプラグインとなってます。

※ちなみにリミッタープラグインのPro-Lもこの方式でグラフィカルに見ることができますがまた改めて紹介しますね。

コンプのタイプは3タイプ、だけど基本的には「Clear」かな

Pro-CのコンプとしてのキャラクターははPro-Qと同様、原音への色づけがあまりないコンプです。

もちろん設定によってコンプコンプした感じにはなりますし、アタックやリリースを調整してパンチを出したりアタック感を引っ込めたりすることも可能。まぁその辺は普通のコンプともちろん同じです。

pro-c_1

コンプレッサーのスタイルに「Clean」「Classic」「Opto」と3タイプあって最初はワクワクしたのですが、正直な印象としてはあまり驚くほどの変化はなかった感じです。ClassicやらOptoあたりで、1176やらLA-2Aあたりを望むのはちょっと贅沢な話なので、そういうのが希望な場合はそちらのモデリングプラグインを使用したほうがよいと思います。

どちらかというと、グラフを見ながら「ピークだけ軽く押さえたいなー」とか「潰しめにしちゃおう」とか、色付けのないコンプ感の調整などの時に使用しています。

まとめ

よくある1176とかLA-2Aなどのビンテージコンプでガッツリ前に出す感とかナチュラルかつ太くするとかそういう用途にはまったく向きませんが、色付けがなく地味だけどかゆいところに手が届く…というのはPro-Qと同じコンセプトです。

動作も軽いので、ぼくの場合はメイン楽器以外のパートに気軽にサクサクさして使っています。また、色付けのなさを生かして、ビンテージコンプなどで音を作った後の最終的なゲイン調整でうっすら入れることもあります。日常的なコンプレッションの用途にはぜひおすすめです。


Fabfilterのプラグインは30日間無料で試用できるので、気になった方はぜひ試してみてください。
Fabfilterのサイトへ


当ブログにて、Fabfilterの他のプラグインについても記事を書いています。よろしかったらこちらも合わせてどうぞ。
Fabfilterタグのついた記事一覧へ


他にもDAWや機材・プラグインのことについていくつか記事を書いています。
カテゴリー:楽器・機材・ソフト


もし記事を読んでFabfilterのプラグイン買おうと思われた方いらっしゃいましたら、価格が10%オフになる優待メールをお送りすることができます。専用のメールフォーム用意してみました。捨てアドでOKですし、送ったから買わなきゃいけないとかではないのでお気軽にどうぞ〜。

ちなみにこれ、ぼくも10ユーロのクーポンを受け取れるので、いっぱい溜まったらまだ買っていないプラグインを購入してレポートしたいと思っています。ぜひご協力いただけたら嬉しいです!(笑)

優待メールを送ってほしいアドレス (捨てアドでOKです)

メッセージ等あればどうぞ(スパム対策のため入力必須としました。「メール希望」で構いませんので何かひと言記入お願いいたします)




ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です