「サンサンオーガニックビール」は甘みのフワッと広がる独特なビールでした

DSC01955

最近ウイスキー(というか竹鶴12年)ネタで盛り上がっていますが、他のお酒だってウイスキーと同じぐらい好きなのです。

先日行ったオーガニック居酒屋の粋ラボラトリーで飲んで「おいしいなー」と思っていたビールが、なんと近くのスーパーで売ってるのを発見しました! というわけで、今日は少しめずらしいオーガニックビールの話。

香りよく、甘みの広がるビールです…!

飲んだのは「サンサンオーガニックビール」という名前のビールです。オーガニック、つまり農薬を使わない有機栽培で作られた麦芽を使用して作られたビールです。値段は350mlでおよそ250円と、普通のビールよりは少し高め。

以前に飲んだ時、甘味と香りが広がる系のビールだった記憶があるので、吉田家お気に入りのタンブラーを出してきました。

DSC01941

北欧デンマークのキッチンウェアブランド、DANSK(ダンスク)のタンブラーで飲みます。以前に三井アウトレットパークで買ってきたものです。このタンブラー、飲み口が軽くすぼまった形になっており、飲み物の香りを余さずキャッチすることができます(笑)。あと、飲み口のガラスが薄く、飲み物を飲むときのタンブラーの口当たりがとてもいいです。

ビールと言えば普通はホップの苦みが口の中に広がるわけですが、このビールは、ほんのりとした苦みの中にまろやかな甘みがフワーッと広がる感じです。キンキンに冷やしてしまうとこの甘みがよく分からないので、きもち常温に戻した方がこのビールをおいしく味わえると思います。

DSC01948

「エールビール」という種類の、そもそも製法が違うビールでした

それにしても、オーガニックというだけでここまで味が違うのもちょっと不思議だなと思い調べてみました。他のどのメーカーのビールにも近いのがない気がする。

やっぱり普通のビールと製法が違いました。

こちらは「エールビール」という、製法の違う種類のビールでした。ビールを発酵させる時の酵母が違うんだそう。ヨーロッパのパブとかでよく飲まれるタイプのビールなんだそうです。

このサンサンオーガニックビールは長野県にある「よなよなの里」という、ちょっと面白い名前のメーカーで作られていました。売ってるビールも「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」などなど、ちょっと面白い名前が並んでます。

エールビール、気になります。たまたまオーガニックというところから出会いましたがおいしいビールに出会えてよかった。このメーカーの他のビールもぜひ飲んでレポートしてみたいと思います。


お酒の話を扱うカテゴリを作りました。ウイスキー、日本酒、ビールなど興味の赴くままに書いております。よろしかったらこちらもどうぞ。
「飲む」カテゴリの記事一覧



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!

もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です