DSC02055

過ぎ行く竹鶴12年を惜しみつつ竹鶴ピュアモルトの味をチェックしてみます

昨日買ってきた、おそらく最後の竹鶴12年と、後継(?)のウイスキーである竹鶴ピュアモルト。

ピュアモルトは以前にも飲んだことがあるのですが、竹鶴12年がなくならないうちに比較してみたかったので、改めて飲んでみたいと思います。

新しい方のピュアモルトをあらためて飲んでみます

とりあえずロックで行きます。例によって、こちらも「香り愉しむグラス」で。ちなみにニッカウヰスキーブレンダー室推奨品です。ぼくはニッカの余市醸造所で買いました。グラスの紹介記事も書いてますのでよろしかったらこちらからどうぞ

DSC02070

なるほどー。竹鶴12年と比べてしまうと、確かに若い。まろやかさが少ないというか、口当たりが軽くて少し物足りない感じがします。あとスモーキーさもない。

ただ、別なウイスキーとしてこれはこれでアリ。フルーティな華やかさがハッキリと感じられるので、パッと味わった感じすごく飲みやすい。とくにロックではサクサク飲めてしまいます。これ、ウイスキーを飲み慣れない人でもオススメできるんじゃないかなという印象です。

で、思った。これ、ハイボールにしたら超うまいんじゃないか。

ということで、こちらも例によって、ダンスクのタンブラーを出してきました。

DSC02083

ついでにレモンも浮かべてみました。

なるほど。アリです。暑い時にグビグビやるのにちょうどいい感じ。ハイボールにした分ウイスキーのキャラは後ろに引っ込んでしまうので、個人的にはすこし濃いめで飲みたいなと思いました。あと、絵ヅラでついレモン浮かべてしまいましたが、レモンなくてもよかったかも。

ピュアモルトと12年は、完全に別なウイスキーですねえ

そもそも12年と17年のキャラクターが大きくが違うように、12年とピュアモルトのキャラクターも大きく違いました。

飲みやすさとか華やかさが際立ったキャラのピュアモルトは、12年とは完全に別物のウイスキーとして、ウイスキー初心者にはお勧めしてもいいかな…と思わせる出来でした。

竹鶴12年っぽいまろやかさとスモーキーさを求めるんだったら、シングルモルトの余市でそのあたりを楽しめばよいのかな…ということでなんとなく気持ちの落としどころを付け始めています。最近飲んでなかったので、ピュアモルトが空になったら次飲んでみようと思っています。

ああ、さよなら12年…。最後の一本も遠慮なく飲みます。その前にピュアモルト空けるけど。


お酒の話を扱うカテゴリを作りました。ウイスキー、日本酒、ビールなど興味の赴くままに書いております。よろしかったらこちらもどうぞ。
「飲む」カテゴリの記事一覧



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!

もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です