「PAUL」のパルミエがすごく「源氏パイ」っぽかったので食べてみました

DSC02391

4月末に札幌にもお店ができた、フランス発の老舗パン屋さん「PAUL(ポール)」。先月PAULに行き、いくつかパンを食べておいしさにノックアウトされてしまいまた行きたいと思っていたのですが、お店が22時まで営業していることに気づき仕事帰りに寄ってきました。

で、先日お店のパンフで見かけて、ずっと気になって引っかかっていたものがありました。「パルミエ」というパンです。

見た目がすごく「源氏パイ」っぽいパンがあった

これ、前回の記事の時に使ったパンフレットの写真なんですが…。

IMG_8258

この写真の左上に乗っている、「パルミエ」というパンに目が止まりました。

「あれ、これって『源氏パイ』じゃん…!」と。もともと他にフランスパンも食べたいと思っていたので、そのついでに興味本位で買ってみることにしました。

うん、確かに見た目は源氏パイだ

ということでPAULでパルミエを買ってきました。

DSC02376

関係ないけどPAULって袋もおしゃれです。サイズの比較のため、手前にムダにiPhone5を置いてみましたが袋と比較する必要はなかった。

DSC02391

袋から出してみました。けっこうデカいです。面積で言うとiPhone5の2倍くらいといったところでしょうか。当然源氏パイとは比べるべくもありません。

DSC02394

割ってみた。なかなか固い。

おやつかと思いきや、しっかりとした食べ応えと満足感

当たり前ですが、源氏パイとは似て非なるものでした。サクサクした食感なのですが、一般的なパイよりは固くてしっかりとしていてかなり食べ応えがあります。でも決して重たい食感ではないです。

甘いパンなので、正直最初はおやつのイメージでいたのですが、味わいが濃厚で、なんだか高級感があります。おやつや菓子パンのつもりで食べるといい方向に裏切られます。これひとつで軽い食事になってしまうんじゃないかという感じ。

ここまで書いて気づきましたが、これ、もしかしたらコンチネンタルブレックファースト的に朝食で食べられたりするんでしょうかね。これとコーヒーで朝ごはん済ませるみたいな。これとコーヒーならめっちゃアリだなー。

ちなみに後から調べたら、源氏パイもパルミエをヒントに作ったものなんだだそうでした。へー。ひとつ勉強になった。


他にもPAULのパンについての記事をいくつか書いています。よろしかったらこちらもどうぞ。
「PAUL」タグの記事一覧



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です