Amazonマーケットプレイスの小口出品、こんなに楽ならもっと早く始めればよかった…!

昔から定期的に自分の持ち物を整理したくなるので、以前からよくヤフオクを利用してます。もう10年以上お世話になってるでしょうか。基本的には売るの専門です。

楽器や音楽機材は中古品でも高値が付くことが多いので比較的売れて行ってくれるのですが、困るのがCDとか本、あるいはゲームソフトなどの類です。相場が安いと送料の方がバカにならず、結果売れて行かないことが多くて、ヤフオクに出すのは躊躇していました。

今更なんですが、もうひとつ方法があった。Amazonマーケットプレイスの小口出品を使えばいいんだ。

試しにアカウントを作って出品してみた

結果から言うと、めちゃくちゃ簡単でした。Amazonの自分のアカウントのページに入り、出品用のアカウントを作るだけです。ひとつだけ、Amazonから自動発信される電話を受けて、そこで画面の番号をプッシュボタンで押すという作業が入りますが(本人確認のため)、それも大した手間ではありません。結果、出品用アカウントはものの10分もしないうちに作成完了。

出品も、出品したいアイテムのページに行き、出品ボタンを押してコンディションと値段を入力するだけです。一個登録するのに1〜2分とか、そんな感じ。ということで、思い立ったその日に30点ほどの本・ゲーム・CDを登録。

スクリーンショット 2014-06-08 15.07.13

それなりに売れる。しかもヤフオクより全然お手軽

その後じわじわと売れ始め、一週間で9本のCD、ゲーム、書籍が売れて行きました。

手数料として一点につき100円と、カテゴリごとに多少の金額が引かれて行きますが、送料分も購入者が同時に支払ってくれているので、送料が高くならなければだいたい出品した金額分ぐらいのお金は入ってきます。ぼくも、一週間ほどで1万円ぐらいの売り上げになりました。

ちなみに発送もとても楽です。自動で作成される納品書をプリントして、そのうち宛名の印刷された部分を切り取って封筒に貼り、残りの納品書と品物を発送するだけです。お客さんとの直接のやり取りも特になし。

そして、ここが一番大事なところなのですが、今までヤフオクで全然売れなかった本がAmazonで、速攻で、それも思いのほか高い値段で売れて行ったり…ということが起きていて、そこが面白いです。お客さんの層が違うんでしょうね。確かにぼくも買う方で言えば同じ中古品でもAmazonでなら買いますが、ヤフオクで買うことはありません。

ヤフオクの方が向いてる商品もある、でも何よりお手軽なのがいい

もちろん、ヤフオクの方が向いていると思うものもあります。たとえば一般流通に乗っていないものをアマゾンで売るためには大口出品者のアカウントが必要で、これはちょっと登録料などのハードルが上がります。また、プレミアムのついたものなども、ヤフオクで出してせってもらった方が金額が上がりそう。

一方、一般の書籍やCDなどはAmazonの方が買い手が付きそうです。あまり有名なものだと値崩れして1円+送料になってしまっているものも多いですが、送料は固定で350円なので、工夫すれば儲けは出ます。

いちいち写真を撮らなければいけなかったり、落札者と直接やり取りする必要があるヤフオクと比べると圧倒的にお手軽なので、不要品をお持ちの方にオススメ。少なくともブックオフに持って行くよりは100万倍お得です。

あ、「何か出したいけど面倒」という知人の方は、出品代行するので声かけていただければ!


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です